美人はやっている!睡眠の質UP♡寝る前習慣5つ

たっぷり寝たのに眠くて仕事に集中できない…なんてことありませんか?夜更かしせずに早く寝ても翌朝起きるのが辛かったり、通勤途中の電車内で居眠りしてしまったり。働く女性にとって日中眠いのは辛いですよね。

どんなに寝ても眠いのは疲れが抜けていないから?それもあるかもしれませんが、実はその原因は眠りの質が悪いかもしれません。

睡眠不足は美肌の天敵!



睡眠不足は美肌の天敵だということは聞いたことがあると思います。特に夜は静かで集中できると感じている人も少なくないはずです。

日本人は睡眠時間が短いことでも知られていますが、睡眠不足が続くと以下のような問題が起こる可能性があるのです!

・肌荒れが起きやすくなる
・太りやすくなる
・免疫力が低下する(風邪をひきやすくなる)
・集中力が短くなる
・イライラしやすくなる
・思考能力が低下した状態になる

肌荒れだけでなく、太りやすくなるというのは意外だったのではないでしょうか!脂肪燃焼する時間が少なくなり、基礎代謝が低下するそうです。免疫力が低下したり、イライラしたりといろいろ問題が起きるようです。

特に、睡眠時間が5時間以下になっている人は、ほろ酔いの人と同じくらいの思考能力しかないとも言われています。

睡眠不足ではいいことがひとつもないことがわかりますね!

睡眠を高める方法

オレンジ色の光



部屋を真っ暗にして寝ている人も多いかもしれませんが、実は少しだけ明るい方が睡眠の質が高まるのです!

私たちの先祖は、暗闇では動物などに襲われる危険があったため、松明などを付けたまま眠っていました。なので、少しだけ明るい方が睡眠の質が高まるのだそうです。

豆電球や専用のライトを購入すると良いかもしれません。オレンジや赤っぽい光のものを選ぶようにしましょう♪

白熱電球はNG!

オフィスやリビングなどに使用される白熱電球は、メラトニンを抑制する働きがあるそうです。メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれるもので、これが多く出ているときは睡眠の質が高まり、減少すると睡眠の質が下がるようです。

電気は消して、小さなオレンジの光をつけるのがポイントです。

寝る前2時間はスマホ断ちする



眠りにつくギリギリまでスマホのチェックをしてる人っていますよね。 中には、スマホを握りしめたまま気がついたら寝落ちしてるという方もいるのではないでしょうか?

普段何気なく使っているスマホからは、ブルーライトという強い光が出ています。

この光は、眼精疲労を引き起こしたり、自律神経を刺激して体を興奮状態にし、眠りを浅くしてしまうような影響力も持っています。

良質な睡眠を取るためにも、就寝の2時間前にはスマホの電源を切って、体をリラックスモードに誘導していきましょう。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかる



忙しさを理由に、毎日のお風呂タイムをシャワーで済ませている方はいませんか?

お風呂は寝る前の準備運動のようなものです。
良質な睡眠を確保するためには、ある程度寝る前の前準備が必要です。

37度〜40度ほどのぬるめのお湯にゆっくりつかって、一日の疲れをしっかり癒して上げましょう。

ぬるめのお風呂にゆっくりとつかってリラックスすることで、自律神経の副交感神経が優位になり深い眠りにつけるようになります。

お風呂に入るタイミングは、就寝の1〜2時間前がおすすめです。

眠りに誘導するためのドリンクを飲む



眠りが浅くてなかなか寝付けない。という方の場合には、寝る1〜2時間前にカップ1杯分のホットミルクを飲んでから眠るのもおすすめです。

ミルクには、睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニンの原料となるトリプトファンが含まれているため、良質な睡眠へと誘導してくれる効果が期待できます。

さらに就寝の1〜2時間前に暖かい飲み物を飲んで徐々に体温を低下させていくことで、深い眠りに入りやすくなります。

眠りが浅くてあまり寝た気がしないという方は、お風呂や飲み物で体をしっかり温めてから、徐々に体温を下げて眠りに入ることをおすすめします。

寝る前は心身をリラックスさせることが大事



寝る前はできるだけ心と身体を落ち着かせることが質の良い睡眠に繋がります。

アロマを焚いたり、照明を落としてアロマキャンドルを灯したり良い香りを部屋に漂わせると簡単にリラックス効果が得られますよ。

どうしても寝る前にパソコンで作業しなければいけない、という時はホットタオルを目にかぶせて目の周辺を温めましょう。

こうすることで目の周りの凝り固まった血行の流れが良くなるので、目の疲労を防げます。