「春はなぜ眠い?」 即効で眠気を解消する方法があった!

少しずつ暖かくなり、の訪れを感じる今日この頃。

そんな時季に気になるのが、日中の眠気ですよね。

春になると「朝すっきり起きられない」「日中に眠くなる」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は春に眠気を感じやすい理由や、日中の眠気対策についてご紹介します。

気になる春の眠気を解消し、毎朝すっきり目覚めましょう。

春の強い眠気は自律神経が原因?

仕事中に寝る
出典:shutterstock

春は、昼と夜の寒暖差が大きい季節です。

そのため、からだが寒暖差についていけず、自律神経が乱れやすいといわれています。

また、職場での異動や引っ越しなど、春は環境の変化が起こりやすい季節でもあります。

環境の変化によるストレスも、自律神経の乱れを引き起こす一因であると考えられます。

このようにして自律神経が乱れると、睡眠の質は低下しやすくなります。

その結果、夜間に十分に眠れず、日中の眠気につながってしまうのです。

日中の眠気対策

オフィスや自宅で簡単にできる、日中の眠気対策をご紹介します。

冷たい水で顔を洗う

水で顔を洗う
出典:shutterstock

朝起きたとき、冷たい水で顔を洗うと目が覚める感覚がありますよね。

日中も眠気が気になるときは、冷たい水で顔を洗ってみましょう

冷たい水の刺激によって脳が覚醒し、眠気を覚ます効果が期待できます。

メイクを崩したくない場合は、首筋に保冷剤や冷たいタオルをあてるだけでもいいでしょう。

仮眠をとる

昼寝する
出典:shutterstock

日中どうしても眠いときは、思いきって仮眠をとるのがおすすめです。

適度な仮眠をとることで、その後の眠気を遠ざける効果が期待できます。

ただし、過度な仮眠は夜の睡眠を妨げる恐れがあるので、仮眠する時間は20分程度に抑えましょう

カフェインを摂取する

手元にコーヒー
出典:shutterstock

コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインには、覚醒作用があるといわれています。

日中に強い眠気が襲ってきたら、カフェインを摂取して眠気を撃退しましょう。

また、カフェインの効果は摂取後30分程度であらわれるとされています。

カフェインを摂取してから仮眠をとると、仮眠から目覚める頃にカフェインの効果を感じられるのでおすすめです。

慢性的な眠気解消法

ここからは、自律神経を整えて、根本的に眠気を解消する方法をご紹介します。

寝る前にスマートフォンを操作しない

夜ベッドでスマホ
出典:shutterstock

寝る前につい操作しがちなスマートフォン。

しかし、スマートフォンの画面から発せられるブルーライトは、自律神経を乱し、睡眠の質を低下させる原因になってしまいます。

どうしても就寝前にスマートフォンを操作したい場合は、ブルーライトをカットできるフィルムや眼鏡などを使用しましょう。

規則正しい生活を心がける

寝起きの良い女
出典:shutterstock

不規則な生活は体内時計を狂わせ、自律神経の乱れにつながります。

起床時刻や就寝時刻は一定に保ち、規則正しい生活を意識しましょう。

平日の寝不足を補うように、休日に寝だめをするのは厳禁です。

適度な運動をする

家で運動
出典:shutterstock

適度な運動はストレスを発散し、自律神経を整える効果が期待できます。

また、からだを動かすことで適度な疲労感をもたらし、夜に寝つきやすくなるでしょう。

ただし、激しい運動は自律神経のバランスを乱す恐れがあります。

ストレッチやウォーキングなど、無理のない運動を心がけましょう

春の眠気や自律神経の乱れには漢方薬もおすすめ

漢方茶
出典:shutterstock

自律神経の乱れによる睡眠のお悩みには、医療現場でも使われている漢方薬がおすすめです。

漢方医学では自律神経の乱れや免疫力の低下など、「病気ではないけれども調子が悪い」という症状を体質から改善することを得意としています。

また、漢方医学では、睡眠の乱れはストレスなどが原因であると考えられています。

精神状態や心を安定させることで、イライラや不安感などを解消し、寝入りの悪さや熟睡できない状態を改善へと向かわせます。

漢方薬は、一般的な睡眠薬とは異なり、直接的に眠気を引き起こすようなはたらきはありません。

しかし、不眠の原因にアプローチすることで、より自然なかたちの睡眠へと導いてくれます

また、自然由来の漢方薬はからだに優しく、睡眠薬の服用に抵抗がある方でも取り入れやすいでしょう。

<春の眠気が気になる方におすすめの漢方薬>

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

比較的体力があり、イライラやのぼせが気になる方に。不眠症や皮膚のかゆみに用いられる漢方薬です。

酸棗仁湯(さんそうにんとう)

体力中等度以下で、心身が疲れて眠れない方に用いられる漢方薬です。

<漢方薬を選ぶ際の重要なポイント>

漢方
出典:shutterstock

漢方薬を選ぶ際は、自分の状態や体質に合っているものを選ぶことが重要です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるためには、漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、個人に効く漢方薬を見極め、お手頃価格で自宅まで郵送してくれる「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0065

自律神経を整えて、春の眠気を吹き飛ばそう

すっきりする女
出典:shutterstock

寒暖差の大きい春は、自律神経のバランスが乱れやすい季節であるといわれています。

自律神経の乱れは夜の睡眠を妨げ、日中の眠気を引き起こしてしまう一因になります。

そんな春こそ毎日の生活習慣で自律神経を整え、質の高い睡眠を目指すことが大切です。

日中の眠気を解消し、春も健やかに過ごしましょう。

<この記事を書いた人>

薬剤師 有島ゆい

6年制薬学部を卒業後、調剤薬局にて勤務。薬剤師としての役割を模索する。
企業の管理薬剤師を経て、現在は漢方のプロがAIを活用して自分に適した漢方薬を選び、お手頃価格で自宅に郵送してくれる「あんしん漢方」で情報発信をしている。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0065

投稿者プロフィール

あんしん漢方メンバー

不調改善スペシャリスト/医師・薬剤師  
西洋薬と漢方に精通した医師や薬剤師のプロフェッショナル集団です。AIを活用した研究と各種メディアでの不調改善方法を発信しています。実践として「効く漢方薬」を、スマホ一つで、お手頃価格で入手できるオンライン相談サービス「あんしん漢方」を運営しています。

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    30代の本命アウターはこれ!今年は「マウンテンパーカー」がアツい!

  2. 2

    「一枚持ってるだけでこなれ感!」大人が選ぶ春ワンピースを特集!

  3. 3

    「春の大本命!」今年、絶対取り入れたいデニムアイテムBEST10

  4. 4

    「多幸感ピンクが可愛すぎ♡」キャンメイク限定新色アイシャドウをレビュー

  5. 5

    【2022年最新版】低価格で超お得!ムック本の人気おすすめ20選

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「今年サラっと着たいシャツワンピ♡」2022年おしゃれさんのコーデは?

  2. 「2022年春の気分はスウェット!」こなれ感アップ、さらっと着たいもの♡

  3. 気温差のある春に大活躍!「ニットベスト」の着回しコーデ術♡

  1. 「UNIQLOリブタンク」がバズった秘密とは?全6色の着こなし実例も!

  2. 「ユニクロ、おしゃれすぎて驚いた!」今、買って損なし春服BEST5

  3. 「ムーミン最新コラボ♪」折り畳めるボストンバッグが付録ってお得過ぎない?【リンネル2022年7月号付録】