知ってた?妊娠しやすい身体になるには“ビタミンE”が大切!

忙しい女性はどうしても栄養バランスが偏りがち。放っておくと女性ホルモンのバランスが崩れ、妊娠しにくい身体になってしまいます。

ここでは、妊娠しやすい身体になるカギとなる“ビタミンE”についてお話ししたいと思います。ぜひ参考にしてみてください!

妊娠に関わるホルモンって?

large
出典:weheartit

女性ホルモンには、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類があります。このうち、妊娠や月経に関わっているのが黄体ホルモンです。

黄体ホルモンが分泌されることで、子宮は受精卵が着床しやすいようにふかふかな状態に整えられます。反対に黄体ホルモンが減少してしまうと生理不順や流産、早産の原因にもなり得るので注意が必要です。


黄体ホルモンを増やす食材とは?

shutterstock_263129009

黄体ホルモンの分泌を促進するのがビタミンEです。老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用もある女性には必要不可欠な栄養素です。


ビタミンEを多く含む食材

shutterstock_353214818(1)

主に、油や魚卵、種実類に多く含まれています。

・サフラワー油
・とうもろこし油
・なたね油
・卵
・あんこうの肝
・すじこ
・たらこ、明太子
・アーモンド
・落花生
・かぼちゃ
・ほうれん草
・赤ピーマン



過剰なダイエットや外食による栄養バランスの偏りなどにより、ビタミンEが不足している女性が増えているそうです。

今すぐに妊娠をのぞんでいない場合でも、ホルモンバランスを整えておくことは女性にとって大切なこと!ビタミンEを意識的に取り入れましょう♡

潤いのある肌や髪を手に入れたいなら、まずはお湯の温度を見直してみてください!乾燥に負けない、美しい女性を目指しましょう♡