2

イヤ~なPMSとサヨナラする3つの効果的な方法

毎月やってくる生理。その当日だけならいざ知らず、何日も前からイライラしたり、憂鬱になったり……そんな「PMS」と呼ばれる月経前症候群、辛いですよね。

でも、自分の努力で少しずつ改善していくことも出来るはず。今回はそんな「イライラPMS」を少しでも遠ざける方法をご紹介します。
2
出典:ヘルスケア大学

1、甘いものを食べ過ぎない

暴飲暴食が続いた後のPMSや生理痛は、いつもより酷いということ、ありませんか?

食事は女性の身体に直接的に影響します。例えば、「甘いものの食べ過ぎ」。砂糖を使った甘いものは急激に血糖値を上下させるので、ビタミン、ミネラルを消耗し、イライラの原因になります。

また、カフェインやアルコール、脂肪分の摂りすぎも注意。PMSが辛いと感じたら、ご飯を玄米にするのがおススメです。

さらに、食事で十分な栄養素が摂れていないと感じる方は、ビタミンB6、ビタミンE、マグネシウム、カルシウムなどをサプリメントで補給してもいいかもしれません。

shutterstock_382602475

2、軽い運動をする

PMS改善に欠かせないのは軽い運動。ハードなスポーツよりも、軽く体を動かし血流を良くすることが大事です。ヨガやピラティス、ストレッチなどでも十分。自律神経を整え、骨盤の歪みを調整しましょう。

骨盤が歪んでいると卵巣機能も低下し、ホルモンバランスが崩れます。 ゆがみ矯正体操やストレッチなどを毎日行えば、次の月のPMSはきっと少し軽くなっているはずです。

large
出典:weheartit

3、リラックスして身体を温める

イライラや憂鬱には、なるべく積極的にリラックスタイムを設けることがおススメ。例えばバスタイムは、浴槽にアロマオイルを垂らしてゆっくり半身浴するなど、自分自身が気持ちよいと思えることを行いましょう。

マッサージに行ったり、お灸を試してみるのもいいかもしれません。身体を温めることはPSM改善にとって大事なことなので、ホットヨガや岩盤浴など、「身体を温める方法」の中でも何が自分に合っているのか、色々探してみてください。

夏の間でも、お腹の部分だけにホッカイロを貼るなど、とにかく全身全てを冷やすことのないように。

large
出典:weheartit

必ずやってくる生理ですから、なるべくならうまく付き合っていきたいもの。毎日の生活をちょっとずつ工夫すれば、そのイライラも和らいでいくかもしれませんよ。