large

「クサい……」と思われない!「いい香り」にするための正しい香水の付け方

エレベーターの中、乗り物の中、狭い部屋で「なんかクサイ……」なんてことありますよね?

香水がキツい人の近くにいるだけで気持ちが悪くなったり、色んな香りが交じり合って頭がクラクラする、なんてことも珍しくはありません。

逆に自分では気づかなくても香水の匂いで周りに迷惑をかけたり、印象を悪くする、なんてこともありえるのです。

こんな時、実は香水のつけ方を間違えているんです。

ここでは、いい香りのつもりが「クサイ……」なんて思われないよう、正しい香水の付け方、教えちゃいます。

「クサい……」と思われない!「いい香り」にするための正しい香水の付け方

ほのかに香る位に着けるのが、最も良い着け方。それには少々コツがあります。

104238053-320x320

香水の正しいつけ方

・外出の30分程度前につける
・擦らない
・耳の後ろは香りがきつくなるのでNG
・手首も食事の邪魔になるのでNG
・ほのかに香らせるためには下半身につけるのが◎
・自分でハッキリ香りが分かるほどつけるのはNG

香水は付けた瞬間は強く香り、30分ほどすると香水本来の香りが出てきます。

つけてすぐに満員電車などに乗ると、かなりキツイ匂いを漂わせることに……。

手首で擦ってからつける――というのはやってしまいがちな間違い。

これをやると香りの粒子が潰れ、香水本来の香りが出てくる前に消えてしまいます。

large
出典:weheartit

嗅覚を感じる鼻が近い上半身につけるとた香りが強くなり、下半身につけると上にフンワリ上ってきてから香るのでやわらかく品良い香りになります。

耳の後ろや首の後ろなどは、周囲の人にの鼻に近いのでかなり匂います。

手首につけるのも、食事をする時などに香りすぎることがあります。

これらは、公衆衛生上やマナーの面で問題があるので、やめておきましょう。

200289799-001-320x295

香水をつける場所

ウエスト

服を着る前にウエストの左右から30cmほど離して1プッシュ。

全身がほんのり良い香りに包まれる、とても品良い香らせ方ができます。


足首の内側

汗をかきにくい場所のため、香りが全身を包み、ほどよい香り方をします。

つけ直す場所としてもおススメです。


太ももの内側

体温高めの太ももの内側は、やわらかな香りを演出したい時に最適です。


ひざの裏

ひざ裏の少し内側につけると、適度に香らせ、また長く香りを楽しむことが出来ます。


バストの谷間

コットンに含ませて下着に入れておくと、香りが長持ちします。


洋服や持ち物

スカートの裏地の裾や、ハンカチなど、シミになっても大丈夫な場所につけましょう。さりげなく良い香りを漂わせる香り美人になれます。

136547602-320x320
せっかくのいい香りを「クサイ」なんて思われないよう。

良い香りで好印象のはずが、香水がキツくて嫌がられる、なんてことにならないよう。

自分のことだけでなく周りの人のことも考えて、フンワリ上品に香らせるマナー美人・香り美人を目指しましょう。