【美肌を保つ納得効果】納豆1日1パック生活のススメ!

日本の発酵食品として有名な納豆。毎日の食事に取り入れているでしょうか?

納豆は様々な健康効果が報告されており、中でも大豆イソフラボンによる美肌を保つ効果は、女性にとっては嬉しい効果です。

そんな納豆の秘密を紹介していきます。

納豆の嬉しい栄養素


納豆は大豆由来のタンパク質が豊富に含まれています。

他にも大豆イソフラボン食物繊維も多く含まれており、体に嬉しい栄養素ばかりです。

食物繊維はプレバイオティクスと言われ、オリゴ糖と同じように腸内細菌のエサになるので、積極的に摂りたいもの。

そして、納豆菌はプロバイオティクスと言われ、これも腸内細菌にとって有用と考えられているんです。



ちなみに、プレバイオティクスは「腸内細菌の餌となり、腸内細菌を元気付けるもの」で、プロバイオティクスは「体に良い影響を与える菌や、それが含まれている食品や薬」のことを言います。

プロバイオティクスは他にもヨーグルトや乳酸菌飲料などが有名ですね。

また、ナットウキナーゼなど血栓を溶かし、血液をサラサラにする効果が期待される物質もあるので、長期的に摂取してほしい食品の1つです。

では、お肌に効果があるのは何かというと、それは大豆イソフラボンと食物繊維です。

お肌に嬉しい効果とは?


大豆イソフラボンは悪玉物質AGEを下げる効果があります。悪玉物質AGEとは終末糖化産物とも言われ、肌のコラーゲンを変化させてシミやシワの原因に。

つまり、悪玉物質AGEが大豆イソフラボンによって減るということは、それだけプルプルお肌を長期的に保つことができるのです。

他にも大豆イソフラボンは、腸内細菌によってエクオールに作り変えられることがあります。

エクオールは更年期の症状が緩和したり、シワを改善または出来にくくする効果が期待されています。

しかし、残念なことに日本人全員が、このエクオールを作り出すことができないのです。

じつは、エクオールを作る腸内細菌は、誰もが持っているわけではありません。調査によると”エクオールを作れる人”は、日本人のおよそ2人に1人。

(中略)いつまでも若々しいあの人は、”エクオールを作れる人”だったのかもしれません。

NHKスペシャル取材班 (2015). 腸内フローラ10の真実 主婦と生活社


このようにエクオールを作れる人はラッキーですが、作れない人はサプリメントによる摂取も可能です。しかし、どれが効くのかは慎重に選ぶ必要があります

また、エクオールを作れるかどうかに関わらず、腸内環境を整えることに対しては意識しましょう。

特に食物繊維は腸内細菌のエサとなるため、腸内環境改善のために必須の栄養素。納豆以外の食品でも積極的に摂るよう、心がけましょう。

悪い腸内環境ではせっかくエクオールを作れる体でも、期待される効果を満足に得ることはできません。

最後に


このように、納豆には女性にも嬉しい効果が期待されています。少しネバネバしていて、特有の臭いがありますが、ぜひこの記事をキッカケに好きになってもらいたいです。

明日から1日1パックの納豆を毎日の食事に取り入れてみましょうね。


理学療法士:takeru