辛すぎる花粉症に!4つの症状改善食材とポイント

花粉症の人には辛い時期が到来してしまいましたね。花粉症デビューしてしまった…年々花粉症の症状が悪化する…などなど花粉症に悩まされる人も増えています。

そこで、花粉症の症状緩和には腸内環境の改善が近道だとわかってきています。

ここでは腸内環境を改善する花粉症におすすめな食材4つとポイントを紹介します。

1:ヨーグルト…ビフィズス菌と乳酸菌入りのものがポイント

花粉症

花粉症にはヨーグルトがいい!と耳にしたことがあるでしょう。

花粉症の症状を改善するには、ビフィズス菌と乳酸菌が入ったヨーグルトがベストです。

ヨーグルトを購入するときには成分をチェックしましょうね。

2:バナナ…加熱するのがポイント

花粉症

腸内環境を整える食べものとして、バナナも有名です。

しかし、バナナは体を冷やす効果があるので、注意が必要です。

バナナを摂取するには、加熱して食べるのがおすすめ。特に、焼きバナナにすると甘くて美味しいですよ。

3:レンコン…皮ごと摂取がポイント

shutterstock_95538571(1)

レンコンの成分である「タンニン」にアレルギーの緩和効果があると知られています。

この「タンニン」は花粉症の症状の緩和にも効果的であることがわかってきました。

そして、より効果的な食べ方は皮ごと食べることなのです。レンコンをきんぴらにして食べても美味しいですね。

4:青魚…生で食べるのがポイント

kafun3

青魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)は悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やす効果があります。

腸内環境を整える働きがあるので、花粉症状の緩和にも効果があります。

青魚に含まれるDHAは熱に弱いので、より効果的に摂取するのには生がおすすめ。お刺身として食べるのがベストです。

花粉症は体内の免疫機能が異常反応を起こしている症状です。

この免疫機能の調整を行えるのが腸内環境なので、花粉症でお悩みなら腸内環境の改善を意識しましょうね。