偏頭痛を予測♡超使える120万ダウンロード無料アプリ発見

女性に多い偏頭痛。まるで心臓が頭にあるかのような、ズキンズキンと脈打つ感覚。偏頭痛は男性よりも女性の方がなりやすいとか。

筆者も頭痛持ちだったのですが、最近便利な無料アプリを使って対策を始めました!
その名も頭痛ーる!天気と頭痛の関係性に着目して、気圧の変化をグラフでチェックできるアプリです。

今回は、低気圧で頭痛になりやすい原因やアプリを使った頭痛対策をご紹介します!

低気圧が頭痛の原因になるのはなぜ?

頭痛ーる

全ての頭痛の原因になるとは限りませんが、こめかみが脈打つようにズキズキと痛む偏頭痛は、低気圧が原因で起こることが多いと言われています。

  • 血管が広がって脳の神経を刺激する
  • 血行不良になり、肩や首の筋肉がこり、頭痛を引き起こす
  • 自律神経の乱れ

以上の3つが低気圧で頭痛が起こるメカニズムと関係しているそうです。

確かに、天気が悪い日は肩や首がこることが多いなと思いました。

普段の生活習慣や食習慣が乱れているほど、自律神経が乱れやすいため、天気の影響を受けやすいとも言われています。

アプリで気圧の変化をチェックして、早めに頭痛対策!

頭痛対策アプリ「頭痛ーる」は気圧の変化がグラフでチェックできる

頭痛ーる
photo by 筆者

無料の頭痛対策アプリ、「頭痛ーる」は時間ごとの気圧の変化をグラフから一目でチェックできます。

毎日チェックして、気圧が急激に低下する時間帯には要注意マークがついており、頭痛対策がしやすいように工夫されているのです。

偏頭痛対策は、痛みが起こる前の行動が肝心!

large (53)

頭痛は、起こる前に兆候を感じた時点で対策をすることが大切です。

例えば、毎回頭痛が起こる前には肩や首がこる、目が痛む、という前触れを感じたら、その時点で頭痛薬を飲んだり、早めに寝るなどの対策が効果的!

筆者は、偏頭痛が起こる前には必ず肩こり、目の痛みを感じるので、そんなときはすぐに薬を飲んだりストレッチをしています。

「頭痛ーる」では、気圧の変化を前もって予測することで、様々な頭痛対策ができます。

気圧が急激に低下する前日はゆっくり湯船に浸かる、ストレッチをするなどして、血行を良くするように工夫。頭痛にいいアロマオイル(ラベンダーやゼラニウムなど)で芳香浴をするのもオススメです。

頭痛ーる

頭痛対策は早めに行うのがポイント。

頭痛対策アプリ「頭痛ーる」で天気の変化をチェックして、気圧の変化に合わせて体調管理をしてみませんか?
頭痛持ちの筆者ですが、アプリを使い始めてからは頭痛が起こりにくく、体や気分がだるいときも気圧が低かったら「仕方ないな」と思えるので、ストレスも減った気がします♪

アプリは天気予報士が監修、これまでに120万ダウンロードされている人気アプリです。無料で使えるので、ぜひ一度試してみてください!

参考:頭痛ーる