冷え性は静電気が原因かも!?アーシングで体質改善

空気が乾燥すると発生しやすくなる静電気

静電気は、ドアノブなどに触れただけで「バチッ」と感じる痛みだけでなく、冷え性の原因にもなっているのはご存知でしょうか。

今回は、静電気による冷え性のメカニズムと、それを改善するためのアーシングをご紹介します。
冷え性に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

静電気で体が冷える理由

アーシング

静電気が体に帯電すると毛細血管が収縮してしまうため、血の巡りが悪くなります。
そのため、結果的に身体が冷え、体調不良や意欲の低下を引き起こします。

静電気対策は“放電”が要!

アーシング

静電気は摩擦によって生じます。よって、動いている間は多かれ少なかれ静電気を帯電していることになります。
静電気対策の要となるのは、ズバリ、放電です。
洗濯機や電子レンジなどのアース線の要領で、地面を通して静電気を体外に放出すること(アーシング)がポイントです。

アーシングの方法

shutterstock_710634502

裸足で地面に立っ足り歩いたりしてみましょう。目安は、30分です。

地面が難しい場合は、天然木の床の上でもOK。

裸足では寒いという人は、通電しやすいコットンシルク(天然素材が放電しやすいのでおすすめ)のソックスなら履いていても大丈夫です。

※電気を通さないゴム製の靴は放電されないため、控えるようにしてください。

アーシングで体質改善!

静電気対策グッズは色々と販売されていますが、アーシングは一番手軽で、お金もかかりません。
冷え性に悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。