「私のデリケートゾーンは黒い?」自宅でできる正しいケアを解説します!

夏に水着を着たときなどに気になる、デリケートゾーン黒ずみ

とても気になっても、なかなか病院や周囲の人に相談しづらく、ひとりで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみの原因はさまざまですが、デリケートゾーンのケアの仕方や洗い方が関わっていることがあります。

そういう場合は、正しいケア洗い方の工夫で黒ずみを改善できる可能性があります。

この記事では、自宅でできるデリケートゾーンの黒ずみの解消法について、皮膚科医が解説します。

1.デリケートゾーン黒ずみの原因

デリケートゾーン
出典:shutterstock


デリケートゾーンの黒ずみは、皮膚のメラニン色素が沈着した現象である「色素沈着」によって起こります。

色素沈着の原因には次のようなものがあります。

下着やトイレットペーパーの摩擦

締め付ける下着を付けていると、デリケートゾーンに持続的に摩擦が起こります。

また、トイレットペーパーでデリケートゾーンを強くこする習慣がある場合も繰り返し摩擦が起こります。

軽い摩擦であっても持続的に摩擦が繰り返されると、皮膚に軽度の炎症が起こり、「炎症後色素沈着」が起こり、デリケートゾーンの黒ずみとなります。

同じ姿勢を続けることによる黒ずみ

長時間、同じ姿勢でイスや自転車のサドルなどに座り続けていると、持続的な摩擦がデリケートゾーンに起こり、黒ずみの原因になります。

また、長時間座り続けるような場合には、摩擦に加えて汗のムレによる炎症が起こることがあります。

それにより、炎症後に色素沈着が起こり、デリケートゾーンの黒ずみにつながります。

かぶれや湿疹による黒ずみ

デリケートゾーンはムレやすく汚れやすいため、皮膚トラブルが起こりやすい部位です。

とくに生理用ナプキンによるかぶれやあせもによる湿疹ができることが多いです。

また、デリケートゾーンの脱毛治療後に炎症が起こることもあります。

そのような皮膚トラブルは症状が落ち着いても炎症後色素沈着が残ってしまいます。

女性ホルモンの影響による黒ずみ

女性ホルモンのバランスの変化によりデリケートゾーンの黒ずみが起こることがあります。

生活習慣の乱れやストレスなどは、女性ホルモンのバランスの乱れにつながります。


このように、さまざまな原因によってデリケートゾーンの色素沈着が起こり、黒ずみとなります。

2.デリケートゾーンの正しいケア方法

デリケートゾーンの正しいケア
出典:shutterstock


次に、色素沈着を防ぐためのデリケートゾーンの正しいケア方法をご紹介します。

毎日の生活のなかでできるものですので、ぜひ試してみてください。


締め付けの少ない下着にする

きつく締め付ける下着を避けて、締め付けの少ない下着を選ぶようにしましょう。


トイレットペーパーでこすることを避ける

トイレットペーパーを使う際には、デリケートゾーンを強くこすっていないか確認してみてください。

トイレットペーパーは、やさしく当てる程度にしましょう。


専用ソープを使う

からだ用の石けんやボディーソープは洗浄力が強いため、デリケートゾーンには刺激が強すぎて肌荒れを起こしてしまうことがあります。

その場合は、デリケートゾーン専用ソープを使うようにしましょう。


正しい洗い方でケアする

デリケートゾーンはさまざまな器官が集まって緻密な構造をしています。

デリケートゾーンを洗う際は、凹凸やヒダに沿って指でやさしく、なでるように洗いましょう

洗うときにごしごし洗ったり、洗ったあとにタオルで強く拭いたりすることも黒ずみを悪化させるため、摩擦はできるだけ避けてください。

ホルモンバランスを整える

生活習慣の乱れやストレスは、ホルモンバランスの乱れにつながります。

バランスのよい食事、適度な睡眠、ストレス解消など、生活改善を心がけましょう。

とくに産後はホルモンバランスが乱れやすく、生活の変化によるストレスや疲れもたまりやすいため、休養する時間をもつようにすることが大切です。

3.漢方で体質改善

漢方
出典:shutterstock


ホルモンバランスの乱れによるデリケートゾーンの黒ずみは、漢方で体質改善することで根本的な解決を目指すことができます。

皮膚の疾患やかゆみ、皮膚の色つやが悪いなどの症状を体質から改善する漢方薬は、いくつもあります。

漢方薬なら自分の症状や体質に合ったものを毎日飲むだけなので、健康法としても簡単に続けられるでしょう。

<ホルモンバランスの乱れによる黒ずみにおすすめの漢方薬>

桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

比較的体力があり、黒ずみやシミが気になる方、月経不順のある方に効果的です。

全身の臓器や器官に栄養を与える役割をする「血(けつ)」の滞りを改善させて「血」のめぐりをよくすることで皮膚のトラブルや婦人科系のトラブルの解消に役立ちます。


当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

体力があまりなく、黒ずみやシミが気になる方、月経不順や冷え性がある方に効果的です。

全身をめぐる「血」の量の不足や滞りを改善させることで皮膚のトラブルや婦人科系のトラブル、冷え性の解消に役立ちます。

<漢方薬を選ぶ際の重要なポイント>

漢方薬を選ぶ際は、ご自分の状態や体質に合っているものを選ぶことが重要です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるためには、漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、個人に効く漢方薬を見極め、お手頃価格で自宅まで郵送してくれる「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

4.毎日のケアでデリケートゾーンの黒ずみの悩みを解消!

今回はデリケートゾーンの黒ずみの原因とその対策について解説しました。

デリケートゾーンの黒ずみは毎日の習慣やホルモンバランスの影響で起こっていることがあります。

そのため、毎日の習慣を見直して正しいケアを取り入れること、また、ホルモンバランスの乱れを改善させることがデリケートゾーンの黒ずみの解決につながります。

専門家に相談して漢方薬の力を借りるのもひとつの方法です。毎日のケアと習慣の改善で、デリケートゾーンの黒ずみの悩みを解消しましょう。

<この記事を書いた人>

金城先生
出典:beautyまとめ


皮膚科医 金城 里美

医師/薬剤師
東京大学薬学部卒業後、医師を目指して、東京医科歯科大学医学部に入学。
体、精神とも関わって多様に現れる皮膚の病態に興味を持ち、皮膚科医の道を選ぶ。
卒業後、大学病院、総合病院、クリニックでの皮膚科勤務を経て、一般皮膚科から美容皮膚科まで皮膚科領域の診療を幅広く行う。
現在、総合病院の皮膚科常勤医として勤務。3児の母。
皮膚がより良くなることで、その人の毎日がより明るくなることを目指して日々診療を行う。

投稿者プロフィール

あんしん漢方メンバー

不調改善スペシャリスト/医師・薬剤師  
西洋薬と漢方に精通した医師や薬剤師のプロフェッショナル集団です。AIを活用した研究と各種メディアでの不調改善方法を発信しています。実践として「効く漢方薬」を、スマホ一つで、お手頃価格で入手できるオンライン相談サービス「あんしん漢方」を運営しています。

関連記事

ランキング

  1. [PR]「自分らしく輝く、理想の透光素肌へ」スペシャルインタビュー女優・中越典子さん

  2. 1

    ダイソー300円ショップ【THREEPPY】遂に全国91店舗にオープン!

  3. 2

    肩幅を狭くする脅威のストレッチ!マイナス5cmも夢じゃない!?

  4. 3

    「今買わないと後悔する!」しまむら激売れマルチショルダーが再登場!

  5. 4

    「ワークマンさん感謝!」最強新作、これ本当にこの値段でいいの?

  6. 5

    筋肉痛時(運動翌日)の体重増加の謎…解消法教えて!

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「もうこれしか無理!」Mame×UNIQLOの他が穿けなくなるパンツ。

  2. 23度の服装はこれ!オシャレな人気のおすすめコーデを紹介!

  3. ちふれの口紅の人気カラーは?コスパ最強のエロリップや定番カラーなどを紹介!

  1. 【無印良品】590円は破格!カバー力抜群のコンシーラー、使った?

  2. 「ワークマンこれ買うべき!」新作ヒーターウェアが凄すぎる!

  3. 「可愛い付録が揃いすぎ!」今月、買って損なし雑誌BEST4