【一重・二重・奥二重別】アイラインの引き方のコツ

一重二重奥二重別にアイラインの引き方のコツをご紹介します!

一重さんのアイラインの引き方のコツは?

一重
出典:beauty-matome

知的で凛とした印象の目元が魅力的な一重さん

アイラインを引くときは、太さのバランスを調整しながら描くことがポイントです。

一重さんはまぶたがこすれてアイラインが落ちやすい方が多いので、ウォータープルーフのリキッドアイライナーがおすすめですよ。
①まずはまつ毛の間をしっかり埋め、アイラインのベースを作ります。

②まつ毛の上側に細いラインを引いたら、一度目を開いて太さを確認しましょう。

③その工程を何度か繰り返し、目を開いたときにアイラインが見えるようになるまでラインを描いていきます。

④全体のアイラインが描けたら、黒目の上部分にラインを足し縦幅を出していきます。

黒目が強調されるので、ぱっちりとした印象の目元に見せることができますよ。

⑤最後に目尻にラインを足して横幅を広げ、目元を大きく見せていきます。

⑥あまり長く描きすぎると不自然になってしまいますので、2mm程度を目安に描いてみてくださいね。

二重さんのアイラインの引き方のコツは?

二重
出典:beauty-matome

ぱっちりとした魅力的な目元で、一見アイメイクには困らなさそうな二重さん

元々目力のある目元なので、一般的なアイラインの引き方をそのまま取り入れてしまうと、派手になりすぎたり強めの印象になってしまったりしてしまいます。

二重さんがアイラインを引くときは、ブラック以外のナチュラルなカラーを使い、色づきを調整しやすいペンシルアイライナーをがおすすめですよ。
①まずは、まつ毛の間を点で埋めるようにラインを描き、アイラインのベースを作ります。

②ベースができたら、まつ毛の上側にラインを軽くのせるようなイメージで、細いラインを描いていきます。

③最後に目尻から3分の1だけにラインを引くと、全体のバランスが取れて自然なアイラインに仕上げることができますよ。

奥二重さんのアイラインの引き方のコツは?

奥二重
出典:beauty-matome

清楚で可憐な印象が魅力的な奥二重さん

場所によって二重の幅が違うので、太いラインを均一入れてしまうと目が小さく見えてしまう場合があります。

アイラインを引くときは、目尻を中心に上下のラインを引くのがポイントですよ!
①まずはまつ毛の隙間を埋めた後、まつ毛の上側に細いラインを描いてベースを作りましょう。

②その後、目尻の二重幅がわかる部分(奥二重の形によって長さは変わります)に、もう一本ラインを重ねて太くします。

☆ここで注意!目を開いた時に二重幅がすべて埋まってしまう太さになると目が小さく見えてしまいますので、二重幅の半分の太さになるように気をつけて描きましょう。

③仕上げに下側の目尻から3分の1ほどのところにラインを描いて完成です!

自分のまぶたに合ったアイラインで魅力UP♡

さて、今回は一重、二重、奥二重別にアイラインの引き方のコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分のまぶたに合ったアイラインの引き方をマスターして、魅力的な目元を手に入れましょう♪

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    「秋の大本命♡」1枚羽織りたい、可愛いカーディガンを特集!

  2. 2

    質良すぎで驚く!「GUパフィータッチシリーズ」知ってますか?

  3. 3

    「今年の秋冬、これさえ持っていればOK!」トレンドアイテムを特集!

  4. 4

    ベスコス総なめブランド「&be」 パレットアイシャドウ全色レビュー!

  5. 5

    「5,000円以下で買える!」2022年秋冬トレンドシューズを特集!

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「2022秋、超使える軽アウターを特集!」ZOZOで買って正解だったもの♡

  2. 「今年はシャギーニットが可愛い!」2023冬選びたいもの♡

  3. 「5,000円以下で買える!」2022年秋冬トレンドシューズを特集!

  1. 「GU、レベル高すぎて驚いた!」絶対買い逃したくない名品BEST5

  2. 実は使い道たくさん!【無印良品の名品】磁器歯ブラシスタンドをレポ!

  3. 「3COINS、可愛いのに便利すぎ♡」今、買って損なし名品BEST5