「乾燥する秋の咳には気を付けて!」日常のセルフケアと肺を潤す食材があった!

からだに不調がでやすい季節の変わり目。

には空気が乾燥して、咳が出やすくなることが多いようです。

のどの不調はこじらせてしまうと酷い風邪につながる可能性もあるため、できるだけ避けたいですよね。

今回は、に起きやすい呼吸器の不調原因やケア方法、をいたわる食材をご紹介します。

秋に呼吸器の不調が起こる原因

咳
出典:shutterstock

秋になると朝晩が冷え込み、気温や湿度の変化が大きくなるため、呼吸器の不調が起こりやすくなります。

気道や肺は呼吸をするたびに外界に接することとなり、微妙な温度差にも敏感なため、不調が生じやすいのです。

また、自律神経のバランスも乱れやすくなるので、免疫力の低下やからだの不調も気になりがちです。

こんな症状はありませんか?

秋の呼吸器の不調として、具体的に以下のような症状が考えられます。

〈呼吸器の不調による症状〉
  • のどの痛み、腫れ
  • せき
  • 鼻水
  • 鼻詰まり
秋に起きる上記のような症状の原因としては、風邪の諸症状のほかに、花粉症も考えられます。

秋にはブタクサやヨモギ花粉の飛散がピークを迎えており、秋の花粉症は春よりも長引く可能性が高いため注意が必要です。

秋の肺・呼吸器ケア方法

呼吸器の不調を予防するためには、どのような対策を行えばよいのでしょうか。

おすすめのセルフケア方法をご紹介します。

手洗いうがい

手洗い
出典:shutterstock

手洗いうがいは簡単ですが、とても大切なケア方法です。

うがいはのどの乾燥を防げるほか、のどや口の中に付着してしまった菌やウイルスを洗い流す効果があります。

しかし、粘膜に付着した菌やウイルスは数分〜数十分で体内に侵入してしまうため、強力な予防方法とはいえません。

そこで、菌やウイルスがのどや口の中に付着する前に、対策を行うことが重要です。

手洗いをして、手に付着している菌やウイルスを顔や口に触れる前に洗い流すことにより、高確率で感染を予防することができます。

体温調整

湯船
出典:shutterstock

体温が下がると、からだはストレスを感じ、細胞の働きが低下してしまいます。

細胞の働きが低下すると、免疫力も低下するため菌やウイルスが侵入しやすくなってしまうのです。

体温を調節する方法としては、「軽い運動をして代謝を上げる」「湯船につかって体温を上げる」「からだが温まる食事を摂る」「室温を調整する」「外出時には保温する」などが挙げられます。

秋の肺をいたわるには「白い食材」が効果的

秋の肺をいたわるには、肺を潤す効果がある「白い食材」を摂る方法もあります。

秋が旬の食べ物もありますので、食欲の秋を楽しみながら呼吸器の不調の対策を行っていきましょう!

大根

大根
出典:shutterstock

大根の辛味には殺菌作用があり、のどの炎症を鎮める働きがあります。

また、消化酵素が豊富なため、消化不良や胸やけも緩和してくれる優れものの食材です。

からだが温まるみそ汁や、簡単に作ることができるはちみつ大根などにするとよいかもしれません。

長ネギ

長ネギ
出典:shutterstock

ネギにはカロテン、ビタミンC、アリシンなどの栄養素が含まれています。

カロテンとビタミンCは免疫力や抵抗力を高める働きがあり、アリシンには強い殺菌効果や疲労回復効果があるため、ネギは風邪対策におすすめの食材といえます。

ナシ

ナシ
出典:shutterstock

ナシは水分を多く含んでいるため、のどに潤いを与え、炎症を抑える効果があります。

また、消化を助けるプロテアーゼという栄養素やアスパラギン酸という疲労回復効果のある栄養素も含んでいるため、風邪予防にうってつけの果物です。

百合根

百合根
出典:shutterstock

百合根は中華料理でよく使われており、中国系スーパーや通販などでも手に入る食材です。

潤いを補う作用と炎症を抑える作用があるため、季節の変わり目に食べると、のどの不調を改善してくれます。

加熱するとほくほくして、上品でくせのない味なので、さまざまな料理に活用することができます。

季節の変わり目の不調には漢方もおすすめ

漢方
出典:shutterstock

季節の変わり目に起きやすい呼吸器の不調には漢方薬もおすすめです。

秋の乾燥した空気や冷気が肺に入り込むと、のどの痛みや咳など呼吸器のトラブルが起きやすくなります。

また、気温差やストレスなどによる自律神経の乱れも悪影響を及ぼします。

呼吸器の不調改善には、「肺に潤いをあたえる」「気管支を広げて呼吸をしやすくする」「呼吸器の機能を回復させる」「免疫力を高める」「自律神経のバランスを整えて咳やのどのつかえを改善する」といった漢方薬が選ばれます。

漢方薬は呼吸器の機能回復だけでなく、心とからだ全体を体質から改善することを得意としています。

漢方薬は自然の生薬からできており、一般的に副作用が少ないという点もメリットといえるでしょう。

〈季節の変わり目におすすめの漢方薬〉

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

咳こんで顔が赤くなっている方におすすめの漢方薬です。

乾燥したのどを潤して咳を鎮める働きがあります。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

元気がなく、胃腸の働きが弱っていて、からだの疲れを感じる方におすすめの漢方薬です。

胃腸の働きを改善し、体力の回復を手助けする働きがあります。

〈漢方薬を選ぶ際の重要なポイント〉

漢方薬を服用する際は、必ず漢方に詳しい医師や薬剤師に相談してから選択しましょう。

自分のからだに合わないものや、間違った組み合わせのものを服用してしまうと、副作用が出る可能性もあります。

なかなか相談に行く時間がないという方におすすめなのが「あんしん漢方」です。

こちらのサイトではオンラインで漢方薬の相談ができ、自宅まで配送してくれるサービスもあるため、漢方薬を安心かつ手軽に購入することができます。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0093

免疫力を高めて季節の変わり目を乗り越えよう

体調を崩しやすい季節の変わり目。

呼吸器の不調はさまざまな病気につながりやすいため、予防がとても大切です。

温度差に注意してからだを冷やさず、免疫力を高めて季節の変わり目も楽しみましょう!

〈この記事を書いた人〉

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 竹田由子

元漢方・生薬認定薬剤師。大学院で臨床薬学を専攻、日米で病院研修を受ける。病院薬剤師として10年間入院患者を担当しながら、化学療法・医薬品情報担当としても活動する。
患者さんから「本音を話しやすい」と言われ関わるうちに、日常のセルフケアの大切さを痛感。転居後は薬局に勤務する傍ら、ライターとしても活動する。病院時代の上司が漢方好きで、漢方の凄さを体感し魅了され「日常の不調はまず漢方」と生活している。
現在は、漢方のプロがAIを活用して自分に適した漢方薬を選びお手頃価格で自宅に郵送してくれる「あんしん漢方」でも情報発信をしている。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0093

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    「秋の大本命♡」1枚羽織りたい、可愛いカーディガンを特集!

  2. 2

    質良すぎで驚く!「GUパフィータッチシリーズ」知ってますか?

  3. 3

    「今年の秋冬、これさえ持っていればOK!」トレンドアイテムを特集!

  4. 4

    ベスコス総なめブランド「&be」 パレットアイシャドウ全色レビュー!

  5. 5

    「5,000円以下で買える!」2022年秋冬トレンドシューズを特集!

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「2022秋、超使える軽アウターを特集!」ZOZOで買って正解だったもの♡

  2. 「今年はシャギーニットが可愛い!」2023冬選びたいもの♡

  3. 「5,000円以下で買える!」2022年秋冬トレンドシューズを特集!

  1. 「ユニクロ、おしゃれすぎて驚いた!」今、買い逃したくない名品BEST5

  2. きれいめ派必見!春まで着まわせる【GU】いい女風カーデとは!?

  3. 今から着れる「UNIQLO春セーター」人気理由5つとハンサムコーデ集。