実は男性ドン引き!ワキの黒ずみを美白にするこっそりケア♡

夏の肌はストレスを感じていますよね。 特にワキは皮膚が薄いので、黒ずみやブツブツが起きやすい場所です。

黒ずみワキを美白へと導く、ワキのケアをご紹介します♡

ワキの黒ずみの原因とは

large (7)
出典:weheartit

ワキの黒ずみで悩んでいる人は少なくないです。実は黒ずみやブツブツといった肌トラブルを起こしやすい場所なのです。

  • ワキは顔と同じくらい皮膚が薄いため、刺激に弱い
  • 紫外線を浴びてもケアを忘れがちなパーツであるため
  • 汗が出る部分なのでデオドラントを使って刺激を与えてしまう
  • 雑菌が溜まりやすい部分であるため

汗で服が濡れてしまうとそこに雑菌が発生してしまいます。着替えがすぐにできるわけではないので、ワキには雑菌が溜まりやすく、ブツブツができやすいのです。

また、皮膚が薄いのに刺激を強く与える場所でもあるので、積極的なケアが必要です!

ワキの正しいケア方法♡

large (6)
出典:weheartit

(1)洗うときにはクレンジングを

デオドラントスプレーは刺激が強く、毛穴のつまりになりやすいのでデオドランドシートを使うようにしましょう。

また、こういったデオドラントアイテムは、顔にファンデーションを塗っているのと同じ状況です。洗うときにはクレンジングを行うようにしましょう。

(2)保湿をしっかりとしよう

ワキは顔と同じ保湿を行うようにしましょう。化粧水、美容液、乳液です。

夏の紫外線を受けたという人は、ワキにシートマスクを貼りつけるようにしましょう。ちょっと冷たいですが、保湿効果が相まって美白になることも。

美白化粧水なども効果的なので黒ずみが気になる人は美白アイテムを使うと良いでしょう!

(3)カミソリの刺激を減らす

カミソリは肌に大きなダメージを与えます。ムダ毛の処理はカミソリではなく脱毛を行うと良いかもしれません。ダメージを増やしてしまうとメラニンが生成されてしまうので、黒ずみの原因になります。

ワキまで美しい女性に♪

shutterstock_335665211(1)

いかがでしたか?ワキにも化粧水などの保湿が必要だというのはあまり知らないひとも多いかもしれません。黒ずみを避けるためには、保湿ケアが重要なので、ワキまで美しい女性になりましょう♡

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    ZOZOで買うべき、2021年秋冬今っぽニット5選

  2. 2

    可愛くなりたい人へ!今すぐ簡単に始められる方法を紹介

  3. 3

    「この付録、絶対欲しい!」2色買いしたい”Ungridバッグ”【ムック本付録】

  4. 4

    ぶっちゃけクレンジングバームってどうなの?【2021年下半期:おすすめクレンジングバームまとめ】

  5. 5

    「今、選ぶべきはこれ!」美肌さんが使うクレンジングバーム5選

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「これ買い逃したら泣く!」遂にMila Owenの高見えバッグが付録に!【ムック本付録】

  2. 【プレゼント】海外セレブ愛用!着けてるだけで褒められる「おしゃれ不織布マスク」

  3. 乳液とクリームの違いとは?両方使うべき?使い方と人気おすすめアイテムも紹介

  1. 「考えた人天才!」これさえあれば、カップ麺をヘルシーに食べられます。

  2. 「付録が超豪華だった!」今月、買って損なし雑誌BEST5

  3. 「100均コスメ界に激震!」ダイソーUR GLAM全18種ヴィーガンコスメ