large

【保存版】紫外線ダメージ帳消し!うっかり日焼けした後のケア6ヶ条

急なおでかけで紫外線対策が十分にできず、「うっかり日焼けしちゃった!」って時、ありますよね。 そんな日の夜は、正しいケアをすれば紫外線ダメージの深刻化を防ぐことができます。 では、うっかり日焼けしたの具体的なケア方法を詳しく見ていきましょう!

紫外線ダメージが劇的に軽くなる!うっかり日焼け後のケア6ヶ条

1.ほてりがある場合は、まず冷やす

sun04

肌がほてっている時は、そのままお風呂に入ったりすると炎症がひどくなる恐れがあります。 日焼けは軽いやけどに近い症状なので、まずは保冷剤や冷たいタオルなどで冷やして炎症を鎮めましょう。

2.しっかり保湿する

sun03
出典:weheartit

肌が乾燥していると、バリア機能が低下して回復力も弱まってしまいます。 セラミドやコラーゲンなどが入った保湿化粧品でしっかり保湿してあげましょう。

3.スペシャルケアは避ける

保湿することは大切だけど、日焼け後の肌はダメージを受けて弱っているので、スペシャルケアは避けたほうが無難です。 特にピーリングや酵素洗顔は肌への刺激が大きいので控えましょう。

4.アセロラジュースでビタミンC補給

sun02
出典:weheartit

ビタミンCは日焼け後に発生する活性酸素を分解して、ダメージが進行するのを防いでくれます。 そこでぜひ試してみてほしいのが、アセロラジュースを飲むこと。 ポリフェノールも含まれているので、紫外線ダメージを最小限に抑えられますよ。

ただしアセロラには紫外線の吸収を高めるソラレンが含まれているので、朝飲むのはNG。必ず夜に飲みましょう。

5.お酒を飲まない

お酒を飲むと肝臓が弱って、肌の代謝も衰えてしまいます。 シミが増える恐れもあるので、日焼け後はできるだけお酒を飲まないようにしましょう。

6.早めに寝る

しっかりと睡眠をとることで、肌の回復を促すことができます。 保湿+ビタミンC補給をした後は、すぐにベッドに入って寝てしまいましょう。

紫外線ダメージを”なかったことに”!

large
出典:weheartit

紫外線は肌の老化を招く一番の原因になります。まずはできるだけ日焼けしないことが大切ですが、日焼けしてしまった時は上記のようなケアで、ダメージを”なかったことに”してあげてくださいね。