shutterstock_1343511171

どんなにスキンケアしても無駄になる恐ろしい肌劣化習慣4つ

毎日しっかりスキンケア。手間が掛かって大変なこともあるけれど、美肌のためなら!と頑張っている人も多いと思います。

そんな人には特に気を付けて欲しいのが、知らずに肌を劣化させてしまう習慣。何気なく続けていることが、後々肌に大変な悪影響を……!そうならないように、今すぐダメな習慣をチェックしてみてくださいね。


どんなにスキンケアしても無駄になる恐ろしい肌劣化習慣4つ

①喫煙する
gahag-0061018387-1

「百害あって一利なし」の言葉通り、悪いことしか無い喫煙。健康被害だけでなく、肌を驚くほど老化させる恐ろしい物質です。習慣化しやすく止めるのが難しいだけに、長期間に渡る喫煙で非喫煙者とは10才も20才も見た目年齢が変わることが研究で確認されています。


②質の悪い食事を続ける
gahag-010285

砂糖が多い食品、油や添加物が多い食品を食べ続けていると、体重だけでなく肌など美容面でも大きな悪影響が出てしまうと言われています。糖化による肌の劣化、油による肌トラブルなどはよく知られていますよね。


③たくさん飲酒する
gahag-0030849022-1

赤ワインならOK?と思う人も多いと思いますが、それも1~2杯程度で止めておくべきでしょう。飲酒をすると肌の水分を奪われる原因になると言われています。水分を奪われると肌が乾燥し、肌荒れやシワの原因となってしまいます。たまにならともかく、頻繁に大量の飲酒をする習慣がある人は要注意です。


④メイクを落とさないで寝る
gahag-0063111411-1

帰りが遅くなって、疲れ果てて……ついメイクも落とさずにそのまま寝てしまう。そんな経験がある人も多いと思います。でも、顔についたメイクや肌の汚れは、毛穴の奥に入り込み、肌の老化を早めてしまいます。何があってもメイクはしっかり落とし、保湿ケアをしてから寝るようにしましょう。



知らずにいたら、誰でもやってしまいそうな肌劣化習慣。長く続けるほど、肌を著しく劣化してしまいます。そして、一度劣化した肌を復活させるのは簡単なことではありません。そうなってから後悔しないように、肌に悪い習慣はできるだけ排除していきたいですね。