woman-2197947_960_720

不潔すぎて危険!案外知らない「枕の正しいお手入れ法」

その日に着た洋服はすぐ洗うのに、日々使っている枕カバーを毎日お洗濯したりはしませんよね。しかし、汚れた枕はアレルギーの原因になり、からだの不調を引き起こす恐れも。

そこで、の正しいお手入れ法をご紹介します。

睡眠時に思い当たる症状はありませんか?

枕の正しいお手入れ法

毎日顔や頭を乗せている枕は、皮脂フケなどの汚れの温床です。枕は湿気が溜まりやすくダニも繁殖しやすいので、お手入れをしないでおくのはとっても危険!

ベッドに入った途端に咳が出る、鼻がムズムズするなどの症状がある場合は、枕が汚れている危険信号かもしれません。

枕カバーは毎日洗いましょう!

枕の正しいお手入れ法

人間は寝ている間に約コップ1杯分の汗をかくと言われています。その汗をダイレクトに吸収しているのが、枕カバーです。

そのため、枕カバーは毎日洗うのがベスト。洗い替えの枕カバーがない時は、枕カバーの上にタオルを敷き、そのタオルを毎日洗うようにしましょう。

枕本体も半期に1回は洗いましょう!

枕の正しいお手入れ法

洗濯機で洗える枕であれば、最低でも半期に一回は洗うのがベスト。

枕に付着した汚れは内部まで染み込んでいる恐れがあるため、枕を洗う際は漬け置き洗いがおすすめです。

洗えない素材や型崩れが気になる枕の場合は、天日干しで湿気だけでも除去しましょう。

枕を清潔に保つことは健康への第一歩!

枕の正しいお手入れ法

鼻との距離が近い枕。枕の香りが良ければリラックス効果が高まり、睡眠の質が向上します。

良質な睡眠は免疫機能を調整し、健康で疲れにくいからだへと導いてくれますよ。
早速今日から、健康のために枕の正しいお手入れを始めてみませんか。