large-3

これやってたらすぐに止めて!お肌を老化させるNG行動3選!

アラサーともなると、20代前半の時にはあまり気にしていなかったお肌のケアにも少しずつ気をつけるようになってきますよね。
お肌のケアに気を使うのは大切なことですが、気を使いすぎて逆効果になってはいませんか?

今回は、やっていたら今すぐ止めたい、お肌ケアのNG行動3選を紹介します!
large
出典:weheartit

あぶらとり紙などで余分な皮脂をとりまくる

shutterstock_159312869

十代からのクセなどで、事あるごとに小鼻の周りなどの皮脂をあぶらとり紙などでとりまくる人がいますが、実はこれ、皮脂のとりすぎにより必要な脂までとってしまっているため、逆に皮脂の分泌量が増えてオイリー肌になってしまう原因の1つなんです。

アラサーともなると、皮脂の分泌量もそこそこ減る年代になってきますので、学生時代のように、皮脂をこまめに除去するのは止めてとり過ぎを控えるようにしましょう。

肌の調子が悪い時に化粧で上から隠そうとする

large-3
出典:weheartit

アラサーになると、前日の食事や過ごし方などで、翌朝のお肌の調子がだいぶ変わってきますよね。

前日に暴飲暴食してしまったり、遅くまで仕事をがんばっていたりすると、翌朝肌荒れなどの症状で疲れや体調の悪さが顔にでてしまうことだってあります。

しかし、そのときに不調を無理矢理化粧で隠そうとするのはやめましょう。

いくらメイクで不調を隠そうとしても、根本的な解決にはつながりません。

不調な時にもなるべくナチュラルメイクを心がけて、1日かけて不調を改善していけるようにすることが大切です。

朝晩必ずしっかり洗顔する

large-1
出典:weheartit

夜はメイク落としをして、プラス洗顔をしっかり行い化粧水や乳液、クリームを使ってスキンケアをするというデイリーケアを行なっている方もいますよね。

しかしそれに加えて、朝もしっかり洗顔しているという方はいませんか?

確かに、朝と夜しっかり洗顔するのは気持ち的にもスッキリするかもしれませんが、肌の余分な角質まで剥がしてしまうことに繋がっている可能性があります。

洗顔は余分な汚れを落としてくれる働きがありますが、同時にお肌にとって必要な潤いなども奪いやすくなっており、肌の乾燥も引き起こしやすい状態にさせています。

お肌の潤いを保つために必要なことは、お肌を清潔に保つことと、お肌をなるべく刺激しないことです。

そのため洗顔料などを使った洗顔はなるべく1日1回におさえて、朝は蒸しタオルなどで軽く顔をおさえる程度にしておきましょう。
このように、普段何気なくやっていることが、お肌を痛める原因になっています。 あなたもこの記事を参考にしてNG行動をしていないかどうか、しっかりチェックしてみてくださいね!