93179e3840fddfba6cf8a4e5e1d96edc_s-500x375

その油断が命取り!メイクを落とさずに寝ると起きる3つのこと

外出から帰ってきて、面倒だからとメイクをしたまま寝る。つい「たまにならアリでしょ」と軽く考えてしまいますが、とんでもありません!

ズボラを繰り返しているうちに、あなたの肌の上では、どんどん取返しのつかない現象が起きてしまっているかも……。

現象1:顔ダニが繁殖する

メイクをしたまま寝る (1)
出典:instagram

いきなりショッキングな画像ですが、これは人間の顔に生息し、皮脂や毛包上皮細胞をエサとして成長する「顔ダニ」です。

生まれたての赤ちゃんにはいませんが、大人になるにつれて徐々に接触の機会が増え、成人になるとほぼ全ての人が顔にダニを飼っている状態なのだとか。

余分な皮脂を食べてくれるので助かる部分もありますが、あまり増えすぎると炎症、かゆみ、ニキビ、吹き出物などを引き起こすので要注意!

皮脂を奪い合って食べるので、乾燥肌になる可能性も高くなります。

メイクをしたまま寝ることは、わざわざ顔ダニにエサを与えているのと同じこと。やる気が出ない時はこの画像を思い出し、きちんとクレンジングしてからベッドに入るようにしましょう。

現象2:毛穴に皮脂や汚れが詰まる

メイクをしたまま寝る

メイクをしたまま寝てしまうと、皮脂や汚れがどんどん毛穴に詰まり、酸化して黒く目立つようになります。また、皮脂や汚れはアクネ菌の大好物なので、ニキビや吹き出物ができてしまうことも。

一度広がった毛穴はそう簡単には元に戻らないので、クレンジングをさぼって楽したつもりが、結局後から大変な思いをすることになってしまいます。

現象3:ターンオーバーのサイクルが乱れる

メイクをしたまま寝る

ターンオーバーが正常に行われている時は、画像のように古い細胞やメラニンがどんどん上へ押し上げられ、スムーズに排出されていきます。

しかし、メイクをしたまま寝ると皮膚表面に古い角質が残り、これが積み重なってしまうので、肌がごわごわした感触になり、透明感も失われてしまうのです。

このような状態が長く続けば、肌細胞が新しく生まれ変わることができず、どんどん老化が進むことに……。

5年後、10年後にシミやシワで悩みたくなければ、きちんと肌のお手入れをしておきましょう。

うっかりメイクしたまま寝てしまった時の対処法

メイクをしたまま寝る

長時間メイクをしたままでダメージを受けた肌を救うには、翌朝なるべく早く、スペシャルケアで回復させてあげることが大切です。

とはいえ、何か特別な化粧品や器具を使うわけではありません。いつもより少し多めのクレンジングでしっかり汚れを落とし、丁寧に洗顔をしたら、乾燥が進んだ肌に化粧水でたっぷりのうるおいを与えてあげれば良いのです。

美容成分をたっぷり含んだシートマスクがあれば理想的ですが、なければコットンパックでもかまいません。2枚に裂いたコットンに化粧水をたっぷり含ませ、肌に乗せて3~5分しっかり浸透させましょう。

コットンを剥がした後は、乳液やクリームで油分を補って仕上げてくださいね。

お疲れ女子の強い味方・サボリーノ



「サボリーノ」は、スキンケアに時間をかけたくない女子のためのコスメブランド。手軽なのにきちんと肌をいたわる工夫がいっぱいなので、疲れてメイクを落としたくない時には非常に便利です。




↑「サボリーノ さっぱり落とシート/(株)スタイリングライフ・ホールディングス BCL カンパニー/7枚入り:540円(税込み)」

お風呂に入りたくない時の全身の拭き取りや、メイク落としに使えるシート。美容液がたっぷり含まれているので、保湿効果も期待できます。カモミールオレンジの香り。

7月から限定販売されていた商品ですが、まだamazonで購入できます。

販売サイト:https://www.amazon.co.jp




↑「サボリーノ お疲れさマスク/(株)スタイリングライフ・ホールディングス BCL カンパニー/28枚入り:1,404円(税込み)」

こちらも、7月から限定販売となっていた夜用マスク。化粧水+乳液+美容液+クリーム+パックがたった60秒で完了するので、スキンケアをサボりたい時には非常に便利です。カモミールオレンジの香り。

販売サイト:https://www.amazon.co.jp/

こまめなクレンジングで大切な肌を守ろう♡

微妙な肌の変化は目に見えにくいけれど、お手入れをサボれば、それだけのダメージは確実に積み重なっています。

拭き取るだけのクレンジングシートやシートマスクもたくさん出ているので、こうした商品もうまく活用しながら大切な肌を守っていきましょう。