melanin02

黒くないメラニンもある!?美白肌を作る「肌色メラニン」の増やし方

メラニンは「シミの原因になるもの」というマイナスなイメージがありますよね。 しかしの透明感をアップさせるメラニンもあるってご存じでしたか?

それはどういったものなのか、理想的な美白肌を手に入れるためにチェックしてみましょう!

メラニンには2種類ある!

実はメラニンには、黒色メラニン(ユーメラニン)肌色メラニン(フェオメラニン)の2種類があります。

人の肌色はこの2種類のメラニンのバランスによって決まり、黒色メラニンが多いのが黒人、肌色メラニンが多いのが白人です。 日本人の場合は、その中間にあたる黄色人種になります。


肌色メラニンが増えると肌の透明感がアップする!

melanin02
出典:platt1.jp

皆さんがご存じの通り、黒色メラニンが増えると肌が黒くなったりシミが引き起こされます。

しかし肌色メラニンはその逆。肌色メラニンが増えれば増えるほどシミを防ぎ、肌に白さと透明感を与えてくれます。 つまりシミのない白肌を手に入れたいなら、肌色メラニンを増やすべきなのです!


肌色メラニンを増やすには?

melanin03

肌色メラニンを増やすには、アミノ酸の1種である「L-システイン」や、3種のアミノ酸からできた「グルタチオン」という成分が必要になります。

以下のような方法が有効なので、できることから始めてみましょう!

  • L-システインが入った医薬品やサプリメントを飲む
  • ヒドロキシチロール(グルタチオンを増やす作用がある)が入ったサプリメントを飲む
  • グルタチオンは肝臓で多く作られるので、お酒を飲みすぎない
  • アミノ酸の元になる良質なタンパク質を積極的に摂る


肌色メラニンが美白のカギ!

いかがでしたか?

「メラニン=黒い」と思いこんでいた人は、肌色メラニンの存在に驚いたのではないでしょうか。 美容の基礎知識として取り入れて、より確実な美白ケアに活かしていきましょうね。