shutterstock_327345656

気をつけて!枕元スマホはお肌の老化を一気に加速させる!!

突然ですが、眠る時にスマホはどこに置いていますか?


スマホを目覚ましアラーム代わりに使っている人も多く、頭の上や顔の横に置いたり、中にはスマホを握りしめたまま寝てしまったりしている方もいるようです。


しかし、スマホを顔の近くに置いて寝ることは、老け顔を作る原因となっていることをご存知ですか?


美容の大敵!電磁派が出ているスマホ


出典:weheartit

枕元に充電器を置いて、充電しながら寝ている方って多いと思うのですが、実はこれ、お肌を老化させるんです。


その原因となるのが、スマホから出ている電磁波です。電磁波とは、「電波」と「磁場」の波のことです。


目には見えませんが、電子レンジ、テレビ、パソコンやスマホなどからもこの電磁波は出ています。

そして、世界保健機関(WHO)にて、すでに電磁波の人体への害というものは報告されているのです。

しかし、電磁波予防については、日本は海外よりも遅れをとっており、海外に比べてしっかりとした対策がとられていないのも事実です。



出典:weheartit

人間の体には脳から指令が出される、「睡眠ホルモン」と呼ばれているメラトニンという物質があり、このメラトニンが疲れをとったり代謝を促したりする働きをしています。


しかし、電磁波はこのメラトニンを破壊する作用があるといわれており、その結果、体内時計を狂わせたり、疲労を蓄積させたりして、結果として肌トラブルを引き起こし、肌の老化を加速させるのです。


スマホは頭から離して寝る


出典:weheartit

スマホで寝ているうちに老け顔にならないためにも、就寝時は、スマホを足下など、脳から離した場所に置くことをおすすめします。


また、スマホを心臓の近くに置くことも、病気などへの原因となるため、脚に近い場所に置くことをおすすめします。

電磁波は距離の二乗に比例して弱くなるといわれています。


そのため、寝ている時に枕元から足下にスマホを移動させるだけで、翌日の疲れの抜け方が劇的に変化したりもしますよ。



肌を急速に老化させないために、今すぐ枕元スマホをストップしてくださいね。