7d809235863874eee38763dd02496a7b_s

くすんだ顔が嫌。白く明るい肌にするには?

「くすんだような顔が嫌で、もっと白く明るい肌になりたいのですが、どうしたらいいですか?」

今回は寄せられた質問にお応えしていきます。

くすんだ顔が嫌。白く明るい肌にするには?

7d809235863874eee38763dd02496a7b_s

肌がくすんでいるとメイクのノリも悪くなり、顔色が悪くも見えるので気になりますよね。くすみ肌の解消と美白肌作りには、普段のスキンケアや洗顔方法、食べ物などが大切です。一つ一つの習慣を見なおして、肌にやさしいスキンケアを続ければ、ベールを一枚はいだような明るく透明感のある肌に変えていくことが出来ますよ。

肌をくすませないスキンケア

3d11eb4d44968ba84de5f102f2c7fda3_s

肌をくすませないためには、肌にやさしいスキンケアが第一です。強い洗顔料、肌をこする、紫外線に当たる、など肌の細胞にダメージを与えるようなことはできるだけ排除しましょう。特に洗浄力が強い洗顔料は、肌の潤いに必要な油分まで落としてしまうので、肌が乾燥しやすくなり、くすんだりトラブルを起こす原因になってしまします。毎日肌に使うものですから、余計な負担を掛けないよう無添加のものを使うようにしましょう。

無添加で美白効果のある 【二十年ほいっぷ】は、シミ・くすみ専用の無添加石鹸なので特にくすみ肌の洗顔にはおすすめです。 IMG_340025
出典:http://emeraldcitytooz.com

毎日使い続ければ、段々とくすみが晴れて、肌色を白く明るくしてくれる効果がありますよ。


化粧水も無添加で美白効果のあるものを選ぶといいですよ。おすすめなのは、シンプルな化粧水でたっぷり保湿した後、オールインワン乳液 【ムーンナイトミルク】でケアする方法です。 ph
出典:hana-organic.jp

ムーンナイトミルクはオーガニック化粧品なので、肌に刺激を与える心配なくたっぷり使うことが出来ます。使ってすぐ効果を出すと言うよりは、じっくりと肌本来の機能を再生していって、ターンオーバーでシミやくすみを追い出して、瑞々しい美白肌を作るのに効果的ですよ。

くすみのない美白肌を作る食事

gahag-0082194880-1

肌細胞はターンオーバーが正常だと1月程度で新しい細胞が生まれ、古い細胞は肌表面から剥がれ落ちます。でも新陳代謝が衰えていると、ターンオーバーが遅れたり乱れたりしてしまいます。古い肌、傷ついた肌が残り続けていると、くすみの原因となってしまいます。そのため、美白や老化防止や新陳代謝促進に働きかける栄養の摂れる食事も、とても大切です。 また色々な食材をバランスよく取り入れた食事をして、体の正常な働きを促すのも大事ですよ。

美白肌作りに効果のある食材

活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つビタミンC
ブロッコリー、ピーマン、カリフラワー、トマト、ほうれん草、アボカド、キウイ、イチゴ、ローズヒップなど
活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つリコピン
トマト(加工されたもの、加熱されたものがより多く含まれる)
活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つβ-カロテンン
ニンジン、ほうれん草、カボチャ、小松菜など
活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つセレン
イワシ、カレイ、小麦胚芽、玄米など
皮膚の新陳代謝を高めるビタミンB2
豚・牛・鶏レバー、うなぎ、イワシ、ブリ、納豆など
新陳代謝に必要な亜鉛
カキ、レバー、うなぎなど
メラニンの生成を抑え、できたメラニンを減らすL-システイン
小麦胚芽、大豆、ハチミツなど
174429249
この通り、特に重要なのは野菜類です。毎日野菜をたっぷり食べるのが難しい食生活の場合は、国産野菜60種の栄養が凝縮された酵素ドリンク 【優光泉】などを活用してみる方法もお手軽で効果的ですよ。


他にも、一年を通して肌を傷つける紫外線に当たらないこと。成長ホルモンの分泌が活発な夜22~2時には睡眠をとること。デリケートな肌の細胞を傷つけないよう、肌をこすらない、触らない、顔を拭く時もタオルでそっと包み込むようにする。など生活にも気を付けるようにしましょう。
肌にやさしいスキンケアと生活を続けていると、自分でも気付かない内にだんだんと明るい肌になっていきます。ある時、前と比べて全然違う!と気づいてビックリすることもありますよ。ぜひ気長に気楽に、美白肌生活を続けていって下さいね。