shutterstock_385615120

保湿しても肌の乾燥が皮が剥けるほどひどい。どんなケアで治る?

「化粧水をつけていても肌の乾燥がひどく、皮が剥けるところもあります。メイクのノリも最悪です。どんなケアをすれば良くなりますか?」

今回は寄せられた質問にお応えしていきます。

保湿しても肌の乾燥が皮が剥けるほどひどい。どんなケアで治る?

肌の状態が悪いと、気分も落ちるし気になって仕方がないですよね。
皮が剥けるほど乾燥しているということは、肌の機能が低下して保湿力が下がっているのでしょう。
でも、適切なケアを続けていけば、きっと改善できますよ。

shutterstock_385615120



なによりも大事なスキンケアは

乾燥肌にとってなによりも大事なのは、「保湿」です。
化粧水をいつも通りつけていてきちんとケアしているつもりでも、肌質の変化や気候によってそれで十分でない場合、化粧水が合わなくなっている場合もあります。

できるだけ無添加で自然の成分で作られたスキンケア用品を使って、肌にやさしいケアをすることが大事ですね。
洗顔は、洗浄力の強すぎない自然派無添加の洗顔石鹸などを使用して、泡をたっぷり立てて洗顔するといいでしょう。
おすすめは 【エッグホワイトソープ】。 卵白の成分であるレチシン保湿成分がたっぷりと含まれた、スウェーデン王家御用達の銘入りの自然派石鹸です。泡が立ちやすく洗顔しながらのパックもできて、しっかり洗顔できるのにしっとりとした洗い上がりのやさしい使い心地です。ドラッグストアや通販で購入できてプチプラなので、試しやすいですね。

shutterstock_88313749

もちろん、洗顔後のスキンケアも肌への負担の少ない無添加のものがおすすめです。
【ラクル化粧品】は、オーガニックハーブ・植物エキス100%なので敏感な肌にも安心して使えるコスメです。 送料無料のお試しセットがあるので、自分の肌に合うスキンケアコスメが見つからない時は、一度試してみるといいですよ。

肌を悪化させるメイク

また、肌が荒れている時やトラブルがある時は、メイクは控えるのをおすすめします。

shutterstock_305209583(1)

仕事、外出などの都合でメイクが必要な場合は、無添加の 【ミネラルファンデーション】を使うといいでしょう。
落としやすくて無添加なので肌への負担も少なく、肌の状態がよくない時、肌に負担を掛けたくない時には特におすすめです。

shutterstock_158443973



肌荒れが治る食事

乾燥の酷い肌を改善するには、肌のバリア機能や保湿力を改善するのに役立つコラーゲンビタミンミネラルを含む食材を取り入れた食事をするといいですよ。

ビタミンやミネラルは肌をきれいにするためには欠かせませんし、コラーゲンは肌の保湿力を維持・向上させるために欠かせません。 コラーゲンが不足すると肌の保湿力が衰え、乾燥肌になるだけでなくシワやたるみの原因となります。
ビタミンやミネラルは、色々な種類の野菜をたっぷりと適量の果物を摂るようにするといいでしょう。コラーゲンを含む食材については、次項で詳しく説明しますね。

shutterstock_145891655

肌の保湿力をUPさせるコラーゲンを含む食材

コラーゲンを豊富に含む食品には、動物性食品と海洋性食品があります。
動物性食品
豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉、豚骨スープ……など
海洋性食品
スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ、カレイ、エビ、くらげ……など


コラーゲンをたくさん含む食材は高カロリーなものが多いので、一度にたくさん食べるのではなく、適量をひんぱんに食べるといいでしょう。
でも、毎日たっぷりの野菜やコラーゲンの含まれる食材を摂るのが難しかったり、そのような食材が苦手な場合もあると思います。
その場合は、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を含む 【美力青汁】を飲むといいですよ。

shutterstock_294273284


色んな方法がるんですね!肌はとてもデリケートなので、突然調子が悪くなることもあります。
そんな時も慌てず焦らず、肌にやさしいスキンケア、十分な保湿、たっぷりの栄養を心掛け、少しずつトラブルの起きにくい肌になるよう、がんばって下さいね。