shutterstock_116997343

シミ・シワ注意報!食べたら日焼けが加速する食品と回復する食品

夏、日焼けが気になる季節ですね。日焼け予防対策をしないで直射日光に当たるのは、肌に大きなダメージを与える絶対NGな行為です。でもそんな日焼けダメージを加速してしまう、要注意食品があるんです。

今回は、食べたら日焼けに要注意!そんな食品3つをご紹介します。


シミ・シワ注意報!食べたら日焼けが加速する食品と回復する食品

日焼けしたくないなら食べちゃダメ、とまでは言いませんが、食べ方に注意が必要な食品。
気にせず食べていると、日焼けしやすくなって、肌にシミやシワを作ってしまうことにもなる、要注意な食品たちです。

ソラレンを含む果物と野菜
gahag-0015803232-1
美白に効果のあるビタミンC。日焼け対策に、ビタミンCたっぷりのレモンやオレンジを朝から摂る……なんて人は要注意です。レモンやオレンジなどの柑橘類、セロリ、春菊、みつ葉、パセリなどに含まれるソラレンという物質には、光毒性があります。

一度にたくさん食べて日光を浴びると紫外線の影響を受けやすくなり、シミができやすくなってしまうのです。特にアウトドアに出掛ける日や外を歩く時間が長い時は、これらの食品を食べるのは避けるようにしましょう。日が落ちてからなら食べても問題ありません。


アルコール
publicdomainq-0001946czxzdp
アルコールを摂取した時や、体内にアルコールが残っている時も要注意です。肌がヒリヒリするほど真っ赤になる日焼け。これは肌が炎症を起こして、ヤケドしている状態です。プロスタグラジンという物質が関係しているのですが、アルコールはこの物質の働きを強化してしまうことが分かっています。


人口甘味料や防腐剤を含む食品
gahag-0086762061-1
人口甘味料や防腐剤などの添加物が含まれる食品やドリンク、精神安定剤や抗生物質などの薬を服用している場合も注意が必要です。皮膚が日光に過敏になってしまうことがあるため、直射日光に当たらないよう気を付けた方がいいでしょう。

日焼けダメージを回復する食品

gahag-0118012117-1

もし日焼けをしてしまったら、皮膚のダメージを回復させるために、スキンケアだけでなく食事にも気を付ける必要があります。ビタミンA、C、Eを多く含む食品を中心に、バランスのとれた食事を摂るようにするといいでしょう。

ビタミンA
 …… 抗酸化作用で活性酸素の働きを抑え、老化予防にも効果があります。
うなぎ、卵、バター、にんじん、ほうれんそう、かぼちゃなど

ビタミンC
 …… メラニン色素の生成を抑制し、シミ、そばかす、くすみが出来るのを防ぎます。
ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、レモン、オレンジなどの柑橘類、キウイフルーツ、イチゴなど

ビタミンE
 …… 血流を良くして肌の新陳代謝を高め、強い抗酸化作用で肌・細胞などの老化を防止します。
胚芽米、玄米、豆類、アボカド、アーモンドなどのナッツ類


もし日中これらの食品を摂って外に出る場合は、日焼け止めをこまめに塗ったり、帽子や羽織りもので陽射しから肌を守ったり、しっかり対策をしておくようにしましょう。