shutterstock_153188186

昼顔妻より恐ろしい「昼顔魔女」の、実態とは?

あなたのまわりに、そのカバン、服、靴・・・「本当に自分で買ったの?」あるいは、「旦那さんの給料でそんなに毎月ブランド物のカバンがかえるの?」 と、不思議に思うことはありませんか?

もちろん、きちんと働いている女性にそういう疑問はあまりでないでしょうし、旦那さんが、たくさん不動産投資をしていらっしゃる とか、ご実家が資産家など、何かお仕事とは、関係のないところで余裕資金が生まれているという可能性も無しではありません。

しかしながら、家に遊びに行ったとき、年齢や収入にみあった家に住んでいながら、シャネルのマザーズバッグやら、セリーヌのカバン、 などなど、1ヶ月の給料をなんなく越えてしまいそうな値段のものをいくつもいくつも持っていて、常に新作を入手している・・・ 専業主婦がいたら要注意。

shutterstock_153188186

人気ドラマ「昼顔」の世界にもありましたが、あのドラマのストーリーよりもさらに、大変なことが巷ではおこっているという 実態があるんです。

いわゆる 「パパ」のいる、若くて可愛い奥さんが急増中なんだとか。もちろん、父親の意味ではなく。
いわゆる援助交際の平成バージョンでしょうか・・・。 これ、今、子持ちの専業主婦の間でも増えているそうで、若くて可愛いうちに「パパ」がいながら(!)仕事の比較的忙しい旦那さんと 結婚をし、出張中や平日昼間などを使って、あるいは友だちとの旅行だと嘘を言って、何かと継続パパに援助をしてもらって、 お小遣いを稼いでいる、「 昼顔魔女」の存在が話題になっているんだそう。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
出典:fujitv.co.jp

こわいところが、子どもが生まれていても、それを偽り、不倫旅行の際、パスポートの名前変更で結婚していることがバレていても 旦那とは離婚することになって・・・・などと言って、まんまと関係を続けているのが特徴なんだとか。 一方で、普段から良き妻を演じ、天然ボケの可愛らしい奥さんを装うことで、旦那さんには、バレそうでバレない嘘をつくことができます。 結婚前からパパがいればいつも新作を持っていることに違和感がないので、気づかれることが少ないのも、この魔女の、巧みで小賢しいところ。
そんな「昼顔魔女」が狙う、「パパ」の特徴について、元銀座ナンバー1のAさんに話を伺うと・・・


地味でもてないタイプ、見た目にコンプレックスの強い男性

「旦那さんがいても自分だけが唯一の安心する場所」などと言われてつい、舞い上がってしまうタイプの男性

仕事で出世の道を断たれ、奥さんともあまりうまくいっていない男性


・・・とのこと!

shutterstock_248857417

なんてこわい魔女なのでしょう。この「昼顔魔女」、基本的に同性の友人(知り合いではなく)が少なく、「パパ」には 女の子の悪口をたくさん吹き込んでいるのも典型的な特徴なんだとか。(もちろん自分のまわりの女性に「パパ」が近づいたりして素性がバレるのを防ぐため) あなたのまわりに、 なぜか違和感のある派手な生活をしている専業主婦の奥さまがいたら、実は、「昼顔魔女」なのかもしれません。。。。
もちろん、それを確かめることも、疑うこともしにくいのが、この魔女の特徴。 その存在を信じるか信じないかもあなた次第ではありますが・・・。