large

衝撃!朝食にフルーツを食べないほうが良い理由

オシャレな朝食に憧れますよね。フルーツたっぷりの食事、ヨーグルトにキウイを入れたり、パイナップルを食べたり。しかし、実は朝食フルーツ食べないほうが良いのです!とくにこの時期は注意が必要なので、その理由をご紹介します♪

朝食にフルーツを食べないほうが良い理由

large
出典:weheartit

フルーツの多くにはビタミンCが含まれていますよね。このビタミンCには、光毒性というものがあり、太陽の光や紫外線を受けると日焼けが加速してしまうのです!

日焼け止めを塗っていても、日焼けしやすくなっている肌は紫外線の影響を大きくけます。シミやシワ、肌のたるみや乾燥の原因にもなるので、美肌になりたい人は、朝食にフルーツを食べないほうがよいのです。

スナック菓子も危険・・・

紫外線の影響を多く受ける光毒性のあるソラレンという物質は、スナック菓子にも含まれています。海に行く前に、車でスナック菓子を食べる人も多いのではないでしょうか?太陽の下に行くときには、少し注意が必要ですね。

美肌効果のあるビタミンCは夕飯に

19227561_1818061008505402_8913985158609108992_n
出典:instagram

ビタミンCは日焼けの原因になるということをご紹介しましたが、美肌のためにはビタミンCは欠かせない成分です。

なので、食べるときには、日が沈んだ夜がおすすめです。とくに、日焼けをしてしまった肌のターンオーバーを促すことが出来るので、ぜひ参考にしてみてください。

食生活は肌に影響を与えるので注意!

なんとなく、ビタミンCは肌によさそうな感じがするので積極的食べている人も多いと思います。知らずに朝食で摂取している人も少なくないはずです。

食生活は肌に大きな影響を与えるので、食べる前に肌に良い物なのか、いつ食べるべきなのかまで調べると失敗が減りますよ♪