accessory02

「金属アレルギー」を防ぐ3つの方法。おしゃれ女子のお悩み110番!

ネックレスピアスをつけると、その部分の皮膚がかゆくなる…」という症状に悩んでいませんか? それは金属アレルギーといって、接触性皮膚炎の1種です。

では、金属アレルギーの症状を防ぐにはどうしたら良いのか、やりやすい方法を3つにまとめてご紹介します!

金属アレルギーを防ぐ3つの方法

1.金属アレルギーが出にくい素材のアクセサリーをつける

accessory01
出典:weheartit

金属アレルギーを起こしやすい素材(地金)は、ニッケル、コバルト、クロムなどです。 逆に金属アレルギーを起こしにくい素材は、純金、純銀、プラチナと言われています。

しかし後者の金属でできたアクセサリーは高価なので、同じく金属アレルギーを起こしにくいうえに比較的お手頃なニッケルフリー、チタン、ジルコニウムのアクセサリーがおすすめです。 アクセサリーの素材に気をつけるだけで、金属アレルギーの症状が出る確率がぐっと減りますよ。

2.汗をかくときはアクセサリーを外しておく

accessory02
出典:weheartit

汗をかくとアクセサリーの金属が溶けて、アレルギーの症状が出やすくなります。 アクセサリーの劣化も招いてしまうので、汗をかく時はアクセサリーを外しておきましょう。

3.コーディング剤を使用する

accessory03

素材を気にせずにアクセサリーをつけたいなら、アクセサリー専用のコーディング剤を塗って使用しましょう。 金属を特殊な液体でコートすることで、アレルギーの発症を防ぐことができます。

素材や使用方法に注意することが大切!

以上、金属アレルギーを防ぐ方法をご紹介しました。 ただしアレルギーを起こす金属は人によって違いますし、コーディング剤を使用してもアレルギーが絶対に出ないというわけではありません。

くれぐれも様子を見ながら、肌に優しいおしゃれを楽しんでくださいね!