tumblr_lyvgqfiKSo1qkgdu0o1_500

色素が薄いと思われるような白美肌をつくる方法♡

血行が滞りがちな冬は、なんとなくくすみが気になったり肌に透明感がなくなってしまいがち。冬の澄んだ空気に映えるような白肌を即作りたいのであれば、化粧下地を見直すのがいちばんの近道! 早速肌タイプ別にチェックしていきましょう!

化粧下地は肌悩みで選ぶのがベスト!

BBクリームにCCクリーム、さらにはDDクリームまで…!ここ数年でぐんと種類が増えた化粧下地ですが、きちんと選べば肌のトーンや印象を劇的に変えることができます。また、肌のトーンをしっかり整えればファンデーションも少量ですみますし、結果として肌質の改善にも繋がります。気になる正しい選び方は、自分が一番気になっている肌悩みに合わせて選ぶということ。ラインナップも豊富なのでベストなカラーを見つけましょう!

tumblr_lyvgqfiKSo1qkgdu0o1_500
(出典:http://abcbabcba.tumblr.com/

くすみを吹き飛ばして白美肌になりたい!

肌が薄く内側から発光しているような白肌を作りたい場合は、ラベンダー、もしくはブルーの下地がおすすめ。肌のくすみや年齢による陰影を飛ばしてくれます。特にラベンダーはブルーとピンク(血色)の両方を兼ね備えたカラー。上質な肌を作りたい方には最適です。

1080500140002_zoom_image1
(出典:http://www.mq-onlineshop.com/

じんわりとした血色美肌を作りたい!

暖かみのある肌を作りたい場合は、ピンクか肌色に近いベージュやイエローをチョイス。赤みをプラスすることによってパワーあふれる優しい肌を演出。ベージュも日本人の肌になじみやすく、色ムラを整えながらナチュラルな大人肌に仕立て上げてくれます。恋をしているような上気肌を作りたい人にもオススメです!

24907color1 24907color1

(出典:http://www.eshop.jillstuart-beauty.com/

赤みをおさえて大人美肌になりたい!

子供っぽく見えてしまう赤み肌が気になる場合は、グリーン、イエロー、オレンジがぴったり。赤みはもちろんの事、青みがかったクマやグレーっぽいくすみ、シミなどの気になる箇所にのせるだけで、肌色のバランスをコントロールしてくれます。ただし全体に塗ってしまうとのっぺりとした印象になってしまうので要注意。部分づけをすることでなめらかな大人肌をメイクしてくれます。

item_1000023611_2
(出典:http://www.cosme.com/

プラスでホワイトの下地を!

パール&ラメ入り、もしくはホワイトのコントロールカラーは肌色や悩み問わず、万人にマッチするカラー!鼻や眉の下、頬骨など光を集めたい箇所にのせるだけで光を集めたハイクラスの肌に。

a02
(出典:http://www.rmkrmk.com/

色とりどりの下地は、2〜3種類ほど常備して、肌や気分によって使い分けると肌質も気分も上がること間違いなし♡楽しみながら運命の下地を探してみましょう!