shutterstock_208014727

時代遅れに見えてしまう?!パーツ別おばさんっぽいダサメイク!!

10代の頃から自信をもってしているメイクなのに、おばさんっぽいメイクって言われちゃった…と経験ありませんか?

実はいつも無意識にしてしまっているメイクにも時代遅れに見えてしまうポイントがあります。

ここでは5つのパーツ別にチェックするポイントを紹介します。

point1:眉毛…時代においてかれていませんか?

おばさんっぽいダサメイク

時代遅れのおばちゃん眉毛とは?

アムラー世代に流行った細い眉や平野ノラさんがバブリーねたでやっているのっぺり濃い眉毛。
これって時代遅れのおばさんメイクの代表なんです!

目指すはナチュラルな太い眉

おばさんメイクにならないポイントは、ナチュラルな太い眉。
しかもふんわりとした質感がポイント!!

軽くアイブロウで自眉に付け足すだけでOKです!

point2:まつげ…もうとっくに終わってますよ!

まつげ

まだつけまつげつけてるの?

大ブームを起こしたつけまつげも今や終わってるメイクなんです。
これって頑張っています感!満載のおばさんメイクなんです!

目指すはナチュラルなまつげ

おばさんメイクにならないポイントは、ナチュラルなまつげ。
あまりに不自然な毛量や束感は大NGポイント!!

どうしてもまつげをプラスしたいならまつげエクステを適量でどうぞ!

point3:アイカラー…やり過ぎのギラギラ感はまるで宝塚歌劇団?

おばさんっぽいダサメイク

過度なラメと派手なカラーは怖がられてる?

目を大きく見せる、頑張るアイメイクの大ブームも今や過去の産物メイクなんです。
ナチュラル感からほど遠いメイクは、いつまでやってる感!いっぱいのおばさんメイクなんです!

目指すはナチュラルで似合っているアイカラー

おばさんメイクにならないポイントは、ナチュラルで似合っているアイカラー。
トレンドのカラーもみんなに合うとは限りません。いくらトレンドでも似合わないアイカラーは違和感いっぱい!!

アイカラーはあなたにあったカラーでナチュラルな雰囲気を出しましょう!

point4:ベース…ベースの仕方でおばさんメイク確定!?

美肌に見せようとするのが裏目の厚塗り&白浮き!!

肌トラブルを隠したくて、つい塗り込んでしまうと、厚塗りの原因になります。
また、首の色と合わない明るすぎのベースカラーも顔浮きの原因となります。厚塗りも白浮きもおばさんメイクなんです!

目指すはナチュラルで首と合っているカラー

おばさんメイクにならないポイントは、ナチュラルなベースで、首の色と合っているベースカラー。

おすすめはクッションファンデ。簡単にさらっと付ければおばさんメイクを回避できそうです!

point5:リップ…フラットな濃いカラーはおばさんっぽく見える?!

おばさんっぽいダサメイク

フラットで濃いカラーは唇の薄さを強調する!!

ふっくら唇は若さの象徴。フラット唇から受ける若さはゼロ。
さらに立体感のない唇にのっぺり濃いリップをつけてしまうと一段とおばさん唇を強調することになります。

一時大ブームとなったうるうるテカテカのグロスも避けた方が無難です。

目指すはツヤ感のあるふっくら唇

おばさんメイクにならないポイントは、ツヤ感のある濃すぎないリップカラーを使う事。

立体的な唇にするためには、リップカラーよりも薄い色のリップライナーできっちり縁取りをすることで立体感が出せます。

おばさんっぽいメイクはずばり『不自然なメイク』です。ナチュラルさを感じさせるメイクは若い印象を与えます。あまり時間と労力をかけすぎずに、メイクを楽しみましょう。