gahag-0075669766-1

ノーメイクなのにかわいい!と思われるすっぴんメイク

何時の時代でも、誰でも、美人が好きだし美人になりたいですよね。今なら、メイクで美人度をガーンと上げることもできるけど、きっちりメイクは女性はともかく男性のウケはあまり良くありません。やっぱり、老若男女問わず抜群に好感度の高いのは、すっぴんでもキレイな人。そのためか、最近では女性芸能人のブログなどですっぴんを披露する写真が多く見られます。

やっぱりメイクして美人より、元から美人、になりたいですよね。それも今すぐ。ということで、すっぴんなのにかわいい!と思われる「メイク」をご紹介します♪


ノーメイクなのにかわいい!と思われるすっぴんメイク

gahag-0112732863-1

すっぴんっぽくに仕上げるコツは、「足りない」と感じる位で終えること。満足するまでやると「メイクをしました」感がでて、すっぴんとは程遠くなってしまう可能性が高いのです。

!POINT!① 元々顔の色味にないカラーは使わない
ラメの強いシャドウ、ブルー系など元の顔の色味にないカラーを使うと、とたんにメイク感が出てしまいます。オレンジやピンク、ブラウンなど、自分の肌に合う色味を把握しておきましょう。

!POINT!② ベースは薄く完璧なカバーにこだわらない
gahag-0080222938-1

ベースは薄くが基本、美肌に見せたいからといって毛穴などをしっかりカバーしようとしないのがコツです。顔の中心部分はややしっかり目に、輪郭はうっすらぼかす程度にするとナチュラルに仕上げることができます。ただし、口元や小鼻、目元などのくすみはコンシーラーでカバーしておきましょう。

!POINT!③ チークはほんのり足りない位
publicdomainq-0000897opp

チークをブラシにつけてそのまま頬にのせると、付けすぎになってしまう可能性もあります。慣れるまでは、手にのせて色味を確認してから頬に付けるようにしましょう。はっきり「チークをのせている」と分かるほど付けると、素肌っぽい透明感が無くなってしまうのでNG。 ほんのり色味がみえるかな?位でOKです。

!POINT!④ アイメイクは隠しラインとブラウンシャドウ
アイシャドウには、日本人の肌にナチュラルになじみ、男女問わずウケの良いブラウンを使って、しっかりぼかすようにしましょう。アイラインも、ブラウンペンシルで睫毛の間を埋めるようにラインを入れて、よくぼかしましょう。ブラックでしっかりラインを入れてしまうと、少し離れてもはっきり入れているのが分かるので、すっぴんぽさが無くなってしまいます。

!POINT!⑤ まつ毛はあくまでナチュラルに
gahag-0115202049-1

アイシャドウをナチュラルに仕上げた分、ちょっと盛りたいまつ毛ですが、ここでもあくまで自然に仕上げるのが大切です。明らかに付けまつ毛をのせているのが分かると、顔全体が人工的に見えてしまいます。それはマスカラでも同じ。たっぷりマスカラを付けているまつ毛は一目でそうと分かるもの。自然にフサフサと仕上げるのは、なかなか難しいものです。マスカラなら1~2度塗りで、付けまつ毛は目尻だけ、ランダムで控えめな量と長さのものなどを選んで、不自然にならないよう注意しましょう。

!POINT!⑥ 眉は太めに緩やかに
gahag-0075669766-1

角ばった眉、細い眉は、不自然な上に流行遅れ。緩やか曲線で太めに書くのが、今風でもありナチュラルにも見えるコツです。自眉毛の色に合わせたペンシルで毛が少ない部分に書き足し、それからアイブロウパウダーをふんわり乗せます。髪をカラーリングしている場合は、眉マスカラで髪の色に眉を合わせるのも忘れないようにしましょう。毛流れに沿って一度塗りするだけでOKです。

!POINT!⑦ リップは肌なじみの良いカラーを
0bc885a341f70704d5da8a237b67301e_s

リップも薄めのピンクや真っ赤を無理に使わず、オレンジ系のピンクなど肌や唇の色に合うカラーを選びましょう。グロスもコッテリ塗るのではなく中央部分にちょこんと乗せるだけなら、不自然になりません。


誰もが憧れるような「すっぴん美人」。元々の自分の顔を活かして、自然に仕上げると好感度の高いすっぴん美人に近づけますよ。ぜひ、自分に合うすっぴんメイクを試してみてくださいね!