publicdomainq-0003276zjg

平べったい地味顔を脱出!メリハリ顔になるメイクのコツ

目鼻立ちハッキリの華やかな顔立ちって、憧れますよね。日本人はどちらかというと平たんな顔立ちなので、しっかりメイクでメリハリを付けたいところです。でも、ちょっとメイクのやり方を間違えるとかえってのっぺりした平べったい地味顔になってしまうことも……。

今回は、のっぺりメイクを脱出してメリハリ顔になるメイクのコツをご紹介します。

平べったい地味顔を脱出!メリハリ顔になるメイクのコツ

ファンデはマットよりリキッド
gahag-0080222938-1

ツヤなしのマット系ファンデーションは、ふんわり優しい雰囲気のメイクには相性バッチリ。でも、逆にハッキリしたメイクには不向きなんです。立体的でクッキリした顔立ちを強調するなら、ファンデーションは断然リキッドファンデーションがオススメです。

パウダーは控えめに
ベースメイクの仕上げでパウダーをたっぷりはたいてしまうと、顔全体がのっぺりとした厚化粧に見えてしまいます。パウダーは大き目のブラシで全体的に軽くのせるだけにしておいた方が、メリハリメイクの邪魔になりません。

眉頭は近付けて
publicdomainq-0003276zjg

眉頭の位置は目頭の真上が基本です。これよりも外側になるとやさしげになりますが、ぼんやりした印象になってしまうことも。逆に目頭の真上よりもやや内側にし、左右の眉頭を少し近付けると、メリハリはっきり顔に。
また、眉メイクの際に眉頭を鼻筋につなげるイメージでぼかすと、より目鼻立ちが立体的に際立ちます。

Tゾーンハイライトと鼻筋シャドウ
ベースメイクをベタッと均一に塗ってしまうと、顔全体が平たんに見えてしまいます。そこで、おでこから鼻筋の高い位置にハイライトを、目頭から鼻の根本にシャドウをプラス。それだけで一気に目鼻立ちがクッキリし、立体感が出てきます。

頬骨にそったチーク
publicdomainq-0000897opp

チークは顔の印象を大きく変える要素。
まん丸に入れてしまうとぼやけてしまいがちな顔の印象も、頬骨にそって入れることで骨格を際立ててくれます。



ふんわりキュートなメイクでも、なんとなくのっぺり見えてしまうと、印象の薄い顔立ちになってしまいます。メリハリポイントに気をつけて、クッキリ華やかな顔立ちに仕上げてみてくださいね!