shutterstock_261520343

誰でも上手に引ける、アイラインの基本と応用6つのコツ

第一印象を大きく左右するアイメイク。
中でもアイラインは、目をはっきり見せるのにとても重要です。

今回は、今さらだけど絶対知っておくべき、誰でもアイラインが上手に引けるようになる6つのコツ、ご紹介します。

shutterstock_517885441

誰でも上手に引ける、アイラインの基本と応用6つのコツ

コツ① リキッドorペンシル
アイラインには大きく分けて、ペンシルタイプとリキッドタイプがあります。
ペンシルタイプは、芯の柔らかいものなら慣れていない人でも描きやすいのでオススメです。
リキッドタイプは、液がまつ毛に触れてもまつ毛がくっつかないものを選びましょう。
使い心地やメイクの仕上がりはものによってかなり違うので、テスターで確認して使いやすいものを選びましょう。

shutterstock_306238376

コツ② 鏡は目線の上に
鏡は目線よリ上になるように置くと、目のキワが見やすく映ります。

コツ③ まぶたの上を押さえて
ラインを引く時は、まぶたの上あたりを片手で上方向に押さえておくと引きやすいです。

コツ④ まつ毛の生え際を塗りつぶす
アイラインはまつ毛の生え際の隙間を埋めるように塗ると、ラインが目のキワになじんで目を自然に大きく見せることができます。

コツ⑤ 半分ずつ引く
ペンシルもリキッドも、ラインは一気に描かずに半分ずつ描くのが上手に引くコツです。

ペンシルタイプの場合は、初めに目尻から目の中央までラインを引き、次に目頭から目の中央まで引きます。
ペンシルを左右に小刻みに動かしてまつ毛の根元を埋めながらラインを引き、中央でラインをつなげると上手くいきます。

リキッドタイプの場合は、目の中央のキワから目尻にかけてまっすぐに線を引きます。
次に、まっすぐに引いた線の目尻側と本当の目尻を結び、中に出来た三角の隙間を塗りつぶします。
最後に中央部分から目頭へ、目のキワに細いラインを引いて完成です。

shutterstock_261520343

コツ⑥ 失敗したら綿棒で除去
もしラインを引き間違えたり、時間がたって滲んでしまったりしても問題なし。
綿棒にリムーバーや乳液をつけて、綿棒でサッと除去すればキレイにオフできます。

shutterstock_322730174(1)


ちょっとしたコツでも、知っているのといないのでは大違い。
ぜひ6つのコツを参考にして、思い通りのアイラインを引いてくださいね!