11240712_433863733449808_1634611239_n

脳の美人スイッチをonにしちゃう♡戦略的好感度upメイク

私たちが感じる『人の印象』とは脳が本能的に判断するもの。
今回はそんな脳のメカニズムを上手く利用した好感度アップなメイク方法をご紹介!脳の感度センサーにピピッと反応するようなフェミニンメイクを早速マスターしましょう。

勝負は出会った瞬間わずか0.2秒

無意識の反応の中で、脳は出会ってたった0.2秒で魅力的か否かを判断します。魅力的という反応を起こしたその後に、その人の好感度や魅力として脳内にインプットされます。その魅力的な印象を決定づけるのにカギとなってくる2つの要素が、レッド系の色味と上質なツヤ感なのです。

レッドカラーで肌を明るくみせリップから元気を振りまく

レッド系のリップは、肌の色まで明るく透明感のある印象に見せてくれます。特に、粘膜が露出している唇には赤みを入れるとヘルシーさと生命力を感じさせ一緒にいる人を元気づけるオーラをまとうことができます。男性を本能的に惹きつける魅力もあります。

2c61b8f0da865
出典:hair.cm

ツヤのあるベースメイクは優しい印象を作る

素肌に比べて2割〜5割、ツヤがプラスされることで女性らしい雰囲気を高めることができます。
初対面や、好感を持ってもらいたいシーンではマットな仕上がりのベースメイクよりもツヤ感のある肌の方が美人印象がアップします。

ツヤ×血色肌は最強のメイクメソッド

頬の血色感と下まぶたから目尻にかけてのツヤ。ツヤ感のあるアイシャドウやチークのハイライトカラーでふわっとひと撫でするだけで女性らしさがプラスされます。チークは肌の内側から滲み出るような血色感がポイントです。

11240712_433863733449808_1634611239_n
出典:iconosquare.com

ほんの一手間なのですが、資生堂調べによりますと目の下のツヤがあるだけで3.5倍美人印象が高まって見えたというデータもあるようです。

脳が無意識に反応してしまう、美人スイッチ。時には戦略的にいつものメイクに取り入れてみませんか?