11085135_918909081498537_732647439_n

キツイ印象にさよなら!ふんわり優しげ♡愛されフェイスはメイクで作れる♪

「いつもキツく見られてしまう…」

そんなお悩みを持っている方は意外と多いのではないでしょうか? これまでの目ヂカラを強調したメイクは、目を大きく見せてくれるものの、顔立ちによってはよりキツイ印象を与えてしまうことも。

今回はキツイ印象をガラッと変える、ふんわり優しげな“愛されフェイス”を作るメイクをご紹介します。誰からも親しみやすく好意的に見られるメイク、是非チェックしてくださいね!

キツイ印象をガラっと変える!優しげな「愛されフェイス」になれるメイク

メイクのやり方ひとつでキツく見られがちな印象をナチュラルでやさしい印象に変えることが出来ます。

アイシャドウは質感重視

ふんわり甘めな雰囲気にするには、目ヂカラを強調しすぎるのはNG。アイシャドウはラメやパールの入ったピンク系、またはベージュなどカラーレスな色をセレクトしてまぶたにツヤ感をプラスする程度でOK。涙袋にも入れると白目をキレイに見せてくれ、潤んだような瞳に♡

mobile_20120710082734-1152-913_thumbnail
出典:howcollect.jp

まぶたの二重幅と下まぶたの目尻側1/3くらいの位置にブラウンのシャドウを「く」の字に入れます。

20130604102641-1232-506_raw
出典:howcollect.jp

アイラインはブラウンのペンシルを使って

アイラインのポイントはタレ目気味になるように、目尻のラインをちょっと下げるように引くのがコツです。 明るめブラウンのペンシルアイライナーを使うと、柔らかい印象になります。

IMG3087
出典:allabout.co.jp

まつ毛は目尻側にポイントを

アイライン同様、マスカラもブラウンをチョイス。目頭側は1度、目尻側はたっぷり2~3度塗ってタレ目に。 下まつ毛も目尻側を重点的に塗ります。
つけまつ毛をつける場合は目尻のみのタイプを。

11116856_675979512513647_1255555666_n
出典:iconosquare.com

カラーは明るめ!ナチュラルな太眉

ナチュラルな太眉を描くなら、髪の色より一つ明るいペンシルタイプのアイブロウパウダーがオススメ!眉頭はしっかりと描かずぼかし気味にしましょう。眉と眉の距離を離すことで優しい印象になりますよ。

また、眉山は強調せず眉の下側を中心に、足りない部分を埋めるようにふんわり色を乗せるのがコツ。 仕上げに眉マスカラをで眉山から眉頭まで毛流れに逆らって塗り、次に毛流れに沿って眉尻に向かって塗ります。

11085135_918909081498537_732647439_n
出典:iconosquare.com

血色チークでほんのり上気した肌を演出

ピンク系チークで、甘めで優しく、温かみのある雰囲気に。 頬のいちばん高いところに赤やピンク系のクリームチークをポンポンと丸くぼかすように入れましょう。 更に上から薄いピンクのパウダーチークをふんわり重ね、血色の良い健やかなイメージを強調します。

055bdb2150ca0a755ee90cf05ae7af9b
出典:pinterest.com

リップは控えめナチュラルが鉄則

下唇の両サイドにハイライトを入れることで、口角の上がった微笑みフェイスに。 リップはシアーな発色でみずみずしい質感のものを選んで控えめナチュラルな唇に。

10448995_1562498020681974_1422350070_n
出典:iconosquare.com


このところ、街中でも、断然ナチュラルで優しげなメイクが主流です。ちょっとタレ目気味で思わず守ってあげたくなるようなメイクは男女問わず好感度大! メイクをちょっと変えるだけで誰でも優しげな“愛されフェイス”を目指せちゃうので、元からキツイ印象の顔だからと諦める必要はありません。

目尻下げ、口角上げ、ナチュラルメイクとピンク系コスメを使った優しげメイクで、どれだけ顔の印象が変わるか、ぜひ試してみてくださいね!