shutterstock_272821442

知っておくと楽チン!女性に理解してほしい「男の習性」

大好きな彼氏には自分だけを見て欲しいですよね。

しかし”男のサガ”と言うか、”スケベ心”などで不快な思いをすることがあります。彼女は怒り心頭ですが、彼氏の方が悪気がなかったり、自覚がなかったりしてケンカに発展してしまうことも。

そこで男性がどうしてもやってしまうことで、女性の理解を得にくいものを集めてみました。女性のみなさん、男性たちもわざとじゃないんです・・・でもやってしまうんです・・・どうか許して欲しい・・・そんな”男の習性“の紹介です。

男の習性①:女性を目で追う

shutterstock_297886754

浮気とかではないんです。あなたに飽きたわけでもないんです。そこに特別な意味はありません。

女性も街中でイケメンがいたら「あっ!」と思いませんか?それは男性も同じです。ただ1つだけ違うのは、美女だけではないということです。例えば胸が大きい、スカートが短い、下着が透けている、ボディラインがセクシー・・・まあ、そういういことです。

男の習性②:知ったかぶりをする

large
出典:weheartit

何でも知っているような感じで話す男性っていますよね。“カッコをつけている”だけなんですが、どうしてもやってしまうんです。だって、女性は頼りになる男性とそうでない男性ならどちらがいいですか?さすがに「頼りになる男性」と選ぶのではないでしょうか。

しかし、多くの男性は自分がそこまで頼りになる存在ではないと思っています。でも頼られたい、あなたの信頼を得たい、その一心で思わず知ったかぶりをしてしまうんです。決して嘘をついて騙そうなんて思っていませんからね。

男の習性③:「愛してる」と言ってくれない

shutterstock_272821442

単純に「恥ずかしい」ということもありますが、元々男女において「分かり合える存在」に違いがあります。女子会での女性はよくしゃべりますよね。男子会(実際はそのようなものはありませんが)では男性は意外と口数が少ないものなんです。

「以心伝心」という言葉がありますが、男性は「あいつなら言わなくても分かってくれている」という存在に憧れている部分があります。愛情を持っていても、言わなくても態度で伝わっているはずだと思っており、そんな関係でありたいと願っているのです。

男性はいつまでたっても子供!?

large
出典:weheartit

いかがでしたか?
男性は基本的に子供のようなワガママな部分を持っています。子供の頃の趣味を大人になっても続けているのなんて典型的なタイプです。自分の中では大したことがないと思って生活してきたので、急に「彼女は嫌がっている」と分かってもなかなか直せないことがあります。

決して「仕方ないんだ」と開き直っているわけではありませんが、「男ってそういう生き物なんだ」と広い心で受け止めていただけると幸いです。