shutterstock_254406076

3年後も愛される♡浮気を防ぐホルモンはこう出す!

男性は浮気をする生き物、恋は3年で終わるとはよくいったもの。けれどもずっと相思相愛で仲の良いカップルや夫婦もいるのもまた事実ですよね。カップルが長続きするか否かは男女双方から出るホルモンに大きな関わりがあるのだとか。今回はその“浮気防止ホルモン”について分析してみます!

shutterstock_454397713

男性はなぜ浮気をしてしまう?

自分の遺伝子を受け継いだ子孫をより多く残すために男性は、とにかくたくさんの数の女性との関係を持つよう、DNAにインプットされています。残念ながら男性の本能的な浮気心を封じることは難しいといえます。けれども、逆に浮気をストップさせるホルモンも実は男性に存在しているのです。

恋が3年で終わってしまう理由

一般的には男女ともに恋は3年で終わり、その後は愛情(愛着)へとシフトしていきます。これもまたドーパミンというホルモンの影響で、ドキドキやわくわくなどの興奮や幸福感などの恋愛作用を引き起こす物質が、分泌されずらくなる事によるもの。早いカップルだと1年半頃から分泌されなくなるので、信頼関係を構築していないカップルの場合、早すぎる別れを迎えてしまう可能性も……。

shutterstock_354127460

浮気防止ホルモンはこうやって出す!

気になる男性の浮気を防止にかかわるホルモンの名前はオキシトシン。これは女性が赤ちゃんに母乳をあげる時に出ることで有名な物質ですが、実は母乳のでない男性にも分泌されるのです。特に、人を信頼を寄せる時やリラックスタイム、食後などに出るそう。

オキシトシンを双方に分泌させるために一番効果的なのは、なんといってもスキンシップ。手を繋いだり、ハグやキスをするなどとにかく身体がふれあうことが重要です。3年以上たってもずっと仲の良く安定的なカップルは、このホルモンが双方から分泌して落ち着いていることによるもの。またマッサージなどをし合うことで、安らぎや深い愛情などを生み出すことも研究の結果判明しています。

shutterstock_254406076

仲の良いカップルや夫婦は、言葉はもちろんのこと、スキンシップなどのコミニケーションがしっかり取れています。恥ずかしがらず時には女性からもスキンシップを仕掛け、彼の心を本能的にもしっかり掴んでいきましょう。