large34

年下男子に聞いた!年上女性を本命彼女にしたいと思った3つの瞬間♡

気になる年下男子はいるけれど、歳の差が気になってなかなかアタックできないというアナタ!年下男子は案外年上女性の魅力に気付いているかもしれませんよ。

実際に 歳の差カップルで年上女性と付き合っている男性に聞いた「年上女性を本命彼女にしたいと思った瞬間」をご紹介します。

①仕事や真面目な話も真剣に聞いてくれた時

同世代以下の女性と一緒にいると仕事の話はしにくかったり、つい楽しい話題ばかり探してしまいがちです。しかし包容力も人生経験もある年上女性の前では気張らず好きな話ができ、一緒にいて楽だなと感じる男性が多いようです。

large
(出典:weheartit

「仕事でミスをして落ち込んでいた時、察してくれた年上女性が親身に話を聞いてくれた。口に出して話すことで落ち着いたし、普段女性に仕事の話をすることがなかったのですごく新鮮だった。

以来真面目な話でも嫌がらずに聞いてくれるその年上女性と一緒にいる時間が長くなり、僕の方から告白をして付き合うことになった。(25歳男性)」

単に遊ぶだけの女性ではなく真面目な話も進んで聞いてあげることで「人生のパートナー」として意識するきっかけになるのです。

②完璧に見える年上女性の弱さが見えた時

やはり男性は「守ってあげたい女性」に魅力を感じるようです。特にいつもは頼ったり甘えたりしてしまいがちな年上女性の意外な一面を見た時、そのギャップにコロッと落ちる男性も少なくありません。

dlarge
(出典:weheartit

「当たり障りのない会話しかしたことのない会社の先輩とたまたま社内で2人きりになった時、先輩が小さく悲鳴をあげて僕を呼びました。見ると机の上に蜘蛛がいて、それが怖いらしく涙目で取って…と。

いつも真面目でキリッとした印象の先輩の意外な弱点にドキッとしてしまいました。(23歳男性)」

女性らしい可愛さはいつも見せるのではなくさりげなくアピールするのがポイントです。大切なのはギャップの振り幅と、見せるタイミングです。男性は「自分だけに見せる弱さ」に魅力を感じるものなのです。

③手料理を振舞ってもらうなど家庭的な様子を垣間見た時

ddlarge
(出典:weheartit

本命彼女に欠かせない条件と言えば「家庭的であること」。料理上手な彼女ならばこれから人生を共にしたいと思うはずです。

「仲良くなった年上女性の家に遊びに行った時、急だったにも関わらず時間をかけずに手料理を振舞ってくれる姿に感動した。

結婚するならこういう女性が良いと考えるようになり、結婚を前提としたお付き合いを意識するようになった。(27歳男性)」

年上女性との交際でつい懸念してしまうのがそのまま結婚へ結びついてしまうのでは、ということ。そんな時に家庭的な様子をアピールしておけば「この人なら結婚しても大丈夫だ」と本命彼女を意識してもらえるのです。

いかがでしたか?年上らしい包容力と女性らしい可愛さを持ち合わせ、結婚しても安心できる家庭的な女性になって年下男子の本命彼女を目指しましょう♡