shutterstock_362977286

男のホンネ☆SEXで男性が照明をつけたがるのはナゼ?

みなさんは彼と SEXをする時に、部屋明かりはどうしていますか?女性の多くは恥ずかしいから消したいようですが、男性はどちらかといえばつけたがる人が多いのではないでしょうか。

どうして男性は女性が嫌がる部屋の明かりをつけたがるのでしょう。つけても消しても同じSEXをするのに何が違うのでしょう。

明かりをつけるワケ1:「(触れる)ハダカを見たい」

shutterstock_316339565

この理由は男性陣から100%の指示を得ることでしょう。男性はとにかく女性のハダカが見たいんです。もちろん、スタイルがいいに越したことはありませんが、多くの女性が自分のハダカには自信がないと答えるのではないでしょうか。

特に重要なのは(触れる)という部分です。自分の彼女は「触れる」し「じっくり見る」ことができる。これほど男性を興奮させるものはありません。日頃から女性のハダカを見る度に触れないフラストレーションがたまっていますから、どうしても見たいんです!

明かりをつけるワケ2:「恥ずかしがる姿が見たい」

shutterstock_362977286

恥ずかしそうにする姿に男性は興奮してしまいます。これは明かりに限らず、いろいろな場面で男性は女性の恥ずかしそうにする姿を引き出そうとしています。

「愛撫を焦らす」「感想を言わせる」「変わったSEXをしようとする」

例を挙げればキリがないですが、それもこれもすべて根底にあるものは同じです。男性の性質を理解して、明かりに協力してくれる女性もいることでしょう。しかし、男性はワガママな生き物。明かりをつけたらつけたで気持ちが萎えることもあるんです。

萎えポイント①「ムダ毛」

shutterstock_499266709

部屋が明るくなっていることで目立つのがムダ毛です。特にスネやワキなどの分かりやすいポイントではなく、恥部周辺です。男性の中にはクンニをすることもあるでしょう。その時に気になってしまうという人が多いといいます。

萎えポイント②「黒ずみ」

shutterstock_460864321

男性は女性の体のパーツ、たとえば胸や太ももなんかは虜になってしまうものです。しかし、男性が好むパーツの中に「女性の肌」があります。男性は女性の肌に理想を抱いています。要は「スベスベ・ツヤツヤ」なんですね。

ムダ毛は触れることで分かってしまうものですが、黒ずみは見た目で分かってしまいます。部屋が暗ければごまかせるものですが、明るいとそうもいきません。

いかがでしたか?
何も男性に合わせて部屋を明るくする必要はありません。ただ、男性はそういう願望を持っていることを知っておいてください。

なお、どうしても明るくしたくない場合でも、間接照明で女性がリードするようなSEXにすれば、単純な男性は「いつもと違う」ということに興奮するのでまったく問題ありません。