shutterstock_520889956

【男性ライター解説】 男友達を作らないで!情けない男の本音

男って本当にカッコをつけたがる生き物ですよね。

思わずつけてしまったカッコを最後まで貫いてくれたらまだマシですが、その多くは交際が始まると、アレはダメ、コレもダメといろいろと約束が増えていくものです。

一旦交際が始まれば、すぐに別れることはしにくい女性も多く、結局男性に振り回されてしまうことにつながります。

ある意味、男女の性別差と考えることもできますが、そんな面倒な男性心理なんて女性のみなさんは分かりませんよね。

そこで今回は男性が「彼女の男友達について」どう思っているのか、あくまでオーソドックスな意見を見ていきましょう。

まずはココがポイント!「男はの男の余裕を見せたい生き物」

彼女の男友達

「頼りがいのある男性が魅力的だ」と理解している世の男性はとても多く存在します。

しかし、同時に自分がそれとかけ離れた存在であると否定的に自分を見ていることも事実です。

自信がないのに自信があるフリをして「余裕のある男性」「大人な男性」、つまりは「頼りがいのある男性」を演じようとしているわけです。

でもお分かりのように、そんな演技が一生続くわけがありません。だから多くの男性が交際が始まった途端に変わってしまうのかもしれませんね。

20%は「男友達の存在がNG」

彼女の男友達

自分の彼女が男友達を仲良くしているのを見て嫉妬する・・・これってかなりダサイですよね。世の男性たちはそれを知っています。自分の彼女に男友達がいても平然としているわけです。

しかし、これは100%の男性が気にしていないわけではありません。

ある統計によると、実際「男友達の存在そのものが嫌だ」と感じている男性は20%もいるというのです。

後ろめたいことが何もなく、その男友達がどんな人なのか知らないのにですよ?

とにかく「男」という性別の生き物であるというだけで不快感を示す男性が意外と多いということを知っておきましょう。

男友達OKの80%も・・・

彼女の男友達

次に、裏を返せば80%の男性はOKということになります。しかし、その80%の男性も何でもかんでもOKなわけではありません。

実はこの80%の男性もいくつかのグループに分かれています。大まかなグループと割合をご紹介します。

【A:2人で遊びに行くのはOK(10%)】
【B:グループの中に男友達が入っての遊びはOK(70%)】
【C:よく電話で話すのはOK(80%)】
【D:2人だけのLINEがあるのはOK(90%)】


このようになっています。

AからDにいくに従って、一般的には受け入れられやすい状況になっています。

複数回答があるので、A~DすべてOK1という男性はすべての項目でカウントされてます。

さて、男友達の存在を許している男性を対象にしたこの調査で得られた数値。この数値から分かることは何でしょうか。

実際の接触がないLINEでさえ、嫌がっている男性がいるというのが現状です。はたしてそれを「男友達を認めた」と言えるのか疑問ですが、これが男性の本音なのです。

できれば気遣って欲しいと思っている!?

男性は女性に対し余裕のあるところを見せたいと思っています。

そのため、男友達の存在も認められないような器の小さな男だと思われないように虚勢を張っています。

しかし、同時に自分には自信がないので、男友達に接触して欲しくないというのが本音のようです。
勝手な言い分とは分かっていながら、世の男性の多くが望む姿は「男友達の自由を認められているが、彼氏最優先で他の”男”に見向きもしないでいて欲しい」というもの。

そんな風に心のどこかに置いておくと、男性心理がつかみやすくなるかもしれません。