おしどり夫婦2

一生らぶらぶ♡おしどり夫婦でいるための7ヶ条

愛する相手と結婚したからには、いつまでも仲良しでいたいと思うのは当然のことですよね。

でもどうしたら良いの?という方のために今回は、おしどり夫婦でいるために大切なことをお伝えしていきます。

付き合いが長いカップルにも当てはまることばかり。
マンネリ防止にもなりますよ。ぜひ実践してみてください。

1、 幸せを共有する

おしどり夫婦1
出典:weheartit

楽しい時間、嬉しい出来事を多く一緒に過ごすことで二人の絆はぐっと深まります。

この人といるとやっぱり幸せだと全身で感じることが大切です。

お互いに忙しい場合でも、旅行やデートなど楽しい共有する時間を捻出するようにしましょう。

季節の美味しいものを食べる、綺麗な景色を見に行くといったことでも良いですね♡

2、 男女の思考の違いを知る

なんでわかってくれないの!?そんな喧嘩が絶えなくなると、どんどん関係に溝ができてしまいます。

男女の思考の違いを知っておけば、ある程度のことは許せるようになりますよ。

例えば、女性は共感を求めおしゃべりをしますが男性にとってはどうでも良い事で返事が適当だったりします。

もっと合理的な話の方が好きだということも知っておくと話題も広がりやすいでしょう。 

3、 女を捨てない

おしどり夫婦2
出典:weheartit

いくら結婚したからといって女を忘れるような行動や見た目は慎みましょう。

つい他の綺麗な女性に目移りしてしまう原因にもなりますよ!

ぶくぶくと太らないようにすること、そしておしゃれをすることが大事。

いつまでも綺麗な自慢の妻ならば、ずっと寄り添っていたいと思うものです。

4、 求めすぎない

悲しいようですが、過剰に期待しすぎないことも夫婦円満でいる秘訣です。

理想を高く持ちすぎると裏切られたときに、あっという間に気持ちが冷めてしまいます。

人に厳しすぎる方は特に気をつけてみて。
こんなもんだよね、と軽くとらえるよう心がけましょう。

5、 相手を尊敬する

おしどり夫婦3
出典:weheartit

おしどり夫婦は、お互いに尊敬し合っています。

だからこそ気遣いができ、一緒にいても楽しく過ごせるのです。

たまに相手の悪いところばかり挙げる夫婦がいますが、気が付けば“ダメな夫”“嫌いな夫”だと自分の中にも刷り込まれてしまうので注意が必要です。

尊敬していれば、自分の中にある相手への愛情も小さくなることはありません。

6、 人と比べない

「~さんのところはこうなのに」と他の夫婦と比べてはいけません

比べても嫉妬心が湧いてくるだけで何も良い事はありません。

それにどこの夫婦にだって問題の一つや二つはあるものです。
隣の芝生は青く見えるということを忘れずにいましょう。

7、 初心を取り戻す

おしどり夫婦4
出典:weheartit

長く一緒にいると初心を忘れないでいるのはとても大変なこと。

初心を忘れそうになったときには、出会った頃の話をする、昔のデートを再現するなど、ドキドキを思い出すような工夫をすることが大切です。

思い出の写真や映像を定期的に見るのもおすすめ。

照れくさいかもしれませんが、それくらいの演出があった方が夫婦はうまくいくものですよ。


仲良し夫婦でいるために出来ることはたくさんあります!

思いやりをなくし諦めてしまったら関係性は悪化していってしまいますよ。

ぜひ上手に工夫をして、おしどり夫婦を目指してみてください♡