新海誠

アラサー女性が泣きたい時に観るべき「新海誠監督作品」3選

大人になればなるほど、辛い時に我慢しがちなもの。しかし、そんな時こそ思い切り泣いて、こころのデトックスをしませんか。泣きたい時に観るべき新海誠監督作品3選をご紹介します。

新海誠監督作品は泣けると評判!

新海誠

映画「君の名は。」で一躍有名となった新海誠監督。しかし、新海誠監督は「君の名は。」はもちろん、それ以外にも涙なくしては観れない恋愛アニメーションを数多く制作しています。

君の名は。

2新海誠

夢の中で入れ替わる高校生の男女の恋物語。
「これほど誰かを愛したことはあっただろうか?」相手の職業や年収、自分の年齢など。打算や駆け引きナシの純粋な恋愛が、荒んだこころも洗い流してくれます。


ほしのこえ

3新海誠
出典:ameblo.jp

ほしのこえ」は宇宙へ飛び立った中学生の少女と地球に残る同級生の少年とのSFラブストーリー。2人のコミュニケーションツールは、メールのみ。決して会うことのできない遠すぎる遠距離恋愛に、切なさがより一層身に沁みます。

言の葉の庭

4新海誠

言の葉の庭」はストレスで味覚障害を患った27歳の女性に思いを寄せる15歳の高校生男子の恋愛ストーリー。山あり谷ありの人生だから、時にはつまずくことだってある。美談やサクセスストーリーばかりではない恋愛に、親近感が持てます。

思いっきり泣いたら、明日からは笑顔に

5新海誠

新海誠監督が手掛けるアニメーションは、現実っぽくてどこか非現実的なところが魅力。美しすぎる描写が別世界へと導き、こころが開放されます。
辛い時や疲れた時こそ思い切り泣いて、また明日から笑顔になれるように気分転換してみませんか。