shutterstock_532724416

マンネリ知らず!毎日をラブタイムにするための3つの秘訣♡

大好きな人と付き合っているのにどうしても訪れてしまう「マンネリ」。

マンネリによって2人の仲が冷めてしまったり、SEXレスに繋がったりといいことではありません。

しかし、世の中にはこの壁を乗り越えるカップルとそうでないカップルがいます。一体何が成功の秘訣か知りたくないですか?

毎日がラブタイム

shutterstock_380032108

まず「ラブタイム」について整理しておきましょう。

世間では「ラブタイム=SEX」という解釈が大半のようですが、カップル間の愛はそんな簡単なものではありません。

男性の特徴として、交際期間が長くなると感謝の気持ちと愛情は大きくなりますが、それを表現する機会とSEXの回数は減っていきます。そんな男性が風俗に行って、かわいくてスタイルのいい若い女性が積極的にSEXを求めてきたら男性はSEXするでしょう。

じゃあそれがラブタイムなのかというと絶対に違いますよね。

本来ラブタイムとは、SEXを含めた前後の時間すべてを指すと考えるべきです。そしてそれはSEXの前後数時間のことに留まらず、数日かもしれないし、数週間かもしれません。きっと誰もが羨むカップルはそれが「付き合い始めた瞬間からずっとラブタイム」なのではないでしょうか。

ラブタイムの秘訣①「スキンシップの義務化」

shutterstock_532724416

キスをしたり、ハグをしたりすることはどんなタイミングでしていますか?

少し前の話ですが、大人気ドラマの「逃げ恥」では毎週火曜日が「ハグの日」でしたよね。本音を言えば、キスやハグはお互いの気持ちが高まった時にするのが最高なんだと思いますが、それをすることで気持ちが高まるということも考えられます。

決めた日にしかしないのではなく、 最低限継続するスキンシップを決めておくことはとても効果的です。

ラブタイムの秘訣②「お風呂・食事・就寝のどれかを一緒にする」

shutterstock_523873378(1)

何かを一緒にするというのは2人の仲を深めることにつながるようです。

特にそれが「 他人だとできないこと・生きるために必要なこと」だとその効果は絶大だそうです。そこで「お風呂・食事・就寝」というわけです。

すべてを一緒にできれば最高ですが、まずはこの中の1つだけでも一緒にすることを意識してみませんか?

ラブタイムの秘訣③「積極的なSEXを恥ずかしがらない」

shutterstock_539315842

昔に比べてSEXはオープンになってきましたね。

それでもSEXを誘うのは男性ばかりで、自分から誘うなんて恥ずかしいと思っていませんか?しかし、一節によると男性よりも女性の方が性欲が強く、SEXにおいては断然女性が積極的である方が興奮度・快感度 ともに高まると言われています。

いかがでしたか?
愛情を表現することは難しいですよね。誰もが憧れるカップルは、方法こそそれぞれですが、共通して日頃から意識的にラブタイムを設けています。

もしあなたがマンネリ状態なら、自然に回復することはありません。それどころか破局の可能性すらあるわけです。だったら、思い切って大胆な行動に出るのもひとつかもしれません。