shutterstock_144807280

【要注意】婚活パーティで男性に避けられる意外な趣味3つ

婚活の場では、日頃どんなことに興味を抱いて活動しているのかがよく話題になります。「それならば」と、とことん女子力をアピールしたいところですがちょっと待って!

あなたのその趣味、男性陣はもしかしたらドン引きかもしれません。

大和撫子のたしなみ・茶道や華道

趣味


花嫁修業の一環として習い始めることも多いお茶とお花。さぞかし男性ウケが良いだろうと思いきや、意外と評判が悪いのです。

その理由は、ズバリ「お金がかかる」から。結婚前に趣味として楽しむのは良いけれど、結婚後も続けられてはたまらないと思うそうですね。

これらの趣味をアピールするなら、相手はセレブに限定しておいたほうが良いかもしれません。

自分に磨きをかける美容系の趣味

趣味


エステ、ネイル、化粧品……女の子がキレイになるには、ある程度お金がかかるのが当然です。意識が高い人ほど、美容に投資する額は大きくなるでしょう。

しかし、やはりこれも男性からは敬遠されてしまいがち。恋人や奥さんにキレイでいてほしいという思いはあるものの、そのための費用を自分が捻出するとなると二の足を踏んでしまうようです。

同じ理由で、ブランドものの好きな女性も男性には敬遠されるので、婚活パーティにはあまり身に付けていかないほうが良いでしょう。

どんどん成長したい! 自己啓発系の趣味

趣味


自分を成長させるために努力するのは良いことだし、女性のそうした部分に男性がいじらしさを感じるのも事実ですが、あまりガツガツとした印象だと引かれてしまいます。

男尊女卑のイメージもかなり薄れてきた現代日本ですが、やはりまだまだ「自分の後ろを三歩下がってついてきてほしい」という男性は少なくないよう。

勉強会や英会話が趣味でも、婚活の場ではさらりと触れる程度にしておいたほうが良さそうです。

逆に男性人気の高い意外な趣味とは?

趣味


「女の子らしくないって引かれちゃうかも……」と、つい隠してしまいたくなるバイクやプロレス観戦などの勇ましい趣味ですが、男性からは「一緒に楽しめそう」と意外に好評です。

女の子っぽく華やかな趣味を持っているのもかわいらしくて素敵だけれど、やはり一生を共にする相手となると、それだけでは物足りないこともある。

その点、2人の間に共通の趣味があれば話題に困らないし、一緒に何かをすることで仲も深まるので、プロフィールカードにこのような趣味を記入すると声をかけられる機会が増えるのです。

ただし、成功するのは本当にそれを心から楽しいと感じている人だけ。男性ウケを狙って好きでもないのに始めてもおもしろくないし、相手にも気を使わせてしまうので、結局うまくいかないパターンが多いです。

婚活での趣味アピールは控えめなものが吉

婚活での趣味

バブルの時代ならともかく、思うように収入が上がらない現代では、お金のかかる趣味を持っている女性は敬遠されてしまいます。

また、上昇志向の強すぎる女性も「生意気そう」と引かれてしまうので、婚活の場では当たり障りのない表現で控えめにアピールするようにしましょう。
逆に、一緒に楽しめる男っぽいものは意外と好評なので、そうした趣味を持っているならラッキー! 遠慮せず、堂々とプロフィールカードに記入しましょう。