large-8

知らないと怖い!取り返しのつかない「逆アタック」を学ぼう!

思いを寄せる男性を手に入れるためには、あなたの魅力をしっかりとアピールしていかなければなりません。消極的な女性を「おしとやか」だとして注目を集めるのは難しい時代になってきています。

あえて独身で行く人、結婚離婚を繰り返す人、恋愛に対する考え方やハードルが変わってきている現代では、積極的にいかなければ幸せな家庭をイメージする権利さえ与えられないかもしれないのですから。

「逆アタック」って知っていますか?

large-115
出典:weheartit

男性に自分の魅力をアピールする行為を「アタックする」と言いますが、実はアタックにはルールがあることを知らない女性が多いようです。そしてそのルールを無視したアタックを「逆アタック」と言います。

この「逆アタック」には大きな問題が2つあります。
①女性に逆アタックをしている自覚がない
②男性からの評価は一気にゼロどころかマイナスに転落する
どうですか?この「逆アタック」怖くないですか?

逆アタック①:海外が好き

large-113
出典:weheartit

「海外が好き」こんなこと個人の自由じゃないかと思うかもしれませんが、付き合う彼女が海外好きだとかなりの確率で巻き込まれることになるでしょう。男性が子供じみた趣味を止められないように、女性の海外好きもなかなかなおらないのではないかと想像します。

逆アタック②:自分へのご褒美

large-114
出典:weheartit

何かをがんばった自分へのご褒美に奮発していいものを買う・・・特に問題がなさそうですが、男性からするとそれは意外と低評価です。つまり、がんばったことへの対価が必要な女性ということを意味します。

そしてその対価は女性自身が自分へのご褒美としたように、ちょっと背伸びをするレベルのものでなければならないと思わせるに十分です。

逆アタック③:褒めすぎ

large-8
出典:weheartit

相手を褒めるという行為は好印象を与えます。しかし何事もやり過ぎは歓迎されません。特に最近の男性は自分に自信がないので消極的なんです。そんな男性が急に褒められまくったらどう思うでしょう。まず「それは嘘だ!」という思いを抱くことでしょう。

そして、そういう空気を感じ取った女性が「ホントだよ」と追い打ちをかけるように褒め続ける・・・これは悪循環としか言いようがありませんね。

いかがでしたか?
一見特に問題なさそうな行動が意外と男性には低評価だったり、 特に意識もしていない発言が男性には強烈な印象として残ってしまったり、そういうすれ違いが「逆アタック」なんですね。

もし、アプローチがうまくいっていないと感じている女性がいるなら、今一度自分のアプローチ法を見直してみませんか?