large38

あなたの彼は大丈夫?みんなが経験した『デートDV』の実態

デートDVにご注意!いつものデートを振り返ってみて

テレビなどでもよく耳にするようになってきた『デートDV』というワード。あなたもきっと聞いたことがあるのでは?!
投票サイト「みんなの声」で、過去に経験したことのあるデートDVについてアンケートを行ったところ、なんと多くの人がデートDV被害にあっていることが分かりました。その具体的な被害の内容のランキングをご紹介しましょう。



デートDVとは?

そもそもDVとは、ドメスティック・バイオレンスの略で、夫婦間での暴力のことを指しています。まだ結婚していない恋太同士の間で起こる暴力に関しては『デートDV』という風に言い分けているようです。
肉体的な暴力だけでなく、言葉や嫌がらせなどによる精神的な暴力もDVです。精神的なDVは「モラルハラスメント」とも言い換えられます。


large38
出典:weheartit

気になるアンケート結果は…

みんなが経験したことのあるデートDV被害、気になるアンケート結果は以下の通りです(女性の回答のみ)▽▽▽

・第1位 傷つくことを言われる(376票)
・第2位 無理やりな性的行為(171票)
・第3位 痩せろなど、身体的特徴について言われる(155票)
・第4位 つかまれる・叩かれる(132票)
・第5位 お金の貸し借り(132票)
・第6位 無視する(109票)
・第7位 デート費用をいつも払わせる(87票)
・第8位 服装や行動を細かにチェックする(60票)
・第9位 スマホや携帯電話の着信履歴をチェックする(52票)
・第10位 嫌な呼び名で呼ぶ(44票)

いかがでしょうか。第1位は圧倒的な得票数で『傷つくことを言われる』でした。同じアンケートの男性版でも同じように『傷つくことを言われる』が1位で、続いて『無視する』などの精神的なDVが上位に入ったのに対し、女性版では『無理やりな性的行為』『つかまれる・叩かれる』などの肉体的なDVが挙げられたのが特徴的です。


large37
出典:weheartit

デートDV

恋人関係は、他の人間関係よりももっと親密ですので、「どこまで許されるのか・許すべきなのか」という線引きがあいまいなのは事実です。しかし、本当に良識のある男性ならランキングに入っているようなデートDVはしませんし、実際にやらない男性はたくさんいます。
彼と2人だけの世界観では当たり前のことも、他の人にとってはそうではないかもしれません。もしも自分がデートDV被害にあっているなら、ぜひ信頼できる友達や専門機関に相談してみてくださいね。



深入りは禁物!付き合うと後悔するのはこんな男性

いるいるこんな男…深入り絶対NGの“付き合ったら後悔”する男性像4つ