shutterstock_244522807

【男性ライター解説】大丈夫?男性が不満を抱くSEXの特徴・3つ

世のカップルの声を聞いていると、日本人男性のSEXの下手さを痛感しますね。

確かに愛情表現そのものが下手な日本人男性にとって、最高の愛情表現ともいえるSEXは下手だというのも頷けます。

男性が抱くSEXの不満を解説!

しかし、男性は男性SEXに対して不満を多く抱えているようなのです。今回はそんな男性の生の声を取り上げていきたいと思います。

「男ってバカだ」と切り捨てるのも1つですが、もしこの対策を手に入れる女性が現れたとしたら、男性はきっととりこになっていることでしょう。

不満①「マグロ」

shutterstock_357665498

SEXに積極的な女性は軽い女だと見られる可能性があります。そもそもSEXに関して積極的にプレイするのは恥ずかしいという女性が多いのではないでしょうか。

そうなると男性のプレイにお任せという状態になってしまいます。この状態を一般的には「マグロ状態」と呼びます。

どんな状態であってもSEXをしていれば男性はいつか射精をします。ただ、それは生理現象であってSEXに満足している状態ではないということは押さえておきたいところですね。

マグロSEXで満足する男性は極めて少数であるのが現実です。

不満②「役割の固定」

shutterstock_566707693

SEXで「役割」なんて事務的なことを言いたくはありませんが、いつの間にかこの役割が固定されているカップルがいます。

最近のSEXを思い出してみてください。最初に誘うのはどちらからですか?服を脱がし始めるのはどちらですか?愛撫は50/50ですか?いつの間にか決まっていませんか?

特に自分のテクニックに自信があるわけではないけれど、基本的に男性は女性を感じさせたいと思っています。

しかし、一方で攻められたい願望も持っているものです。いかにも男らしい屈強な男性がドMというのはよく聞く話です。

恥ずかしいかもしれませんが、勇気を持って「今日は私が攻めるから♡」と言ってみてください。きっと最高に盛り上がるはずです。

もちろんたま~にでいいんですよ。

不満③「余韻がない」

shutterstock_612864962

あなたの理想のSEXでは最後どんな風に締めくくっていますか?SEXが終わった途端にタバコを吸う男性・・・どう思いますか?

何となく急に冷めた感じがすると寂しくなるという声が多く挙がっています。

つまり、SEXが終わってもある程度の余韻に浸ることはとても重要なことなのです。

結ばれてすぐの頃はきっと余韻に浸っていたことでしょう。しかし交際が長くなると夢の時間ばかりに目を向けられず、つい現実を考えた行動をしてしまうものです。

しっかりと意識して余韻を楽しんでいますか?

(男)射精≠(女)イク

SEXにおける男性の射精は1つの区切りを示すものであることは間違いありませんが、これはあくまで生理現象の1つだと捉えてください。

愛情がなくても、本人が嫌がっても、摩擦を与え続ければいつかは射精をしてしまうのです。

これは女性が愛液で濡れるのと良く似ています。これも膣を守るための生理現象なんですよね。
SEXで男性は射精をしているかもしれませんが、それはSEXに満足できていることにはならないのです。

2人の合意がなければ成立しない愛情表現「SEX」。お互いに最高のSEXを求めていろいろと工夫をしてみてはいかがでしょうか。