large

汚れ放置は臭いの元!案外知らない傘のお手入れ方法

意外と知られていない傘のお手入れ方法。行うとしても、使った後傘を広げて乾かしておくことぐらいではないでしょうか?

でも、実は定期的に丸洗いしないと臭いシミの原因となってしまうのです。時には傘の臭いが、玄関の臭いの原因となってしまうことも。お気に入りの傘に汚れが染み込んでしまうのもショックです・・・。

そうなる前に今回は、傘のお手入れ方法をご紹介していきたいと思います。

お手入れに必要な3つのもの

洗剤
出典:weheartit

・おしゃれ着用洗剤
・スポンジ
・タオル

お手入れの方法

お風呂
出典:weheartit

☆ポイント
作業場所はお庭やお風呂場など、傘を広げられるぐらいのスペースがあり、濡れてもいい場所で作業するのがおすすめです。
①おしゃれ着用洗剤を水で5倍になるように薄め、スポンジにたっぷりと浸します。

②広げた傘の外側を先程のスポンジで丁寧に擦り、汚れを落としていきます。

③内側も同様に、擦りながら汚れを落としていきます。

④両面擦り終わったら、綺麗な水でよく洗い流していきます。この時に洗剤を落としきれていないと、後でシミになってしまう場合もあるので注意して洗い流してください。

⑤乾いたタオルで拭いて水分を取っていきます。骨組み部分は水分が残ってしまうと、錆びの原因となるので、しっかり拭いていきます。

⑥日の当たらない場所でしっかり乾かしたらお手入れ完了です。

最後に

傘
出典:weheartit

雨の日には必ず必要になる傘。いつも雨から守ってくれる大切なものだから、定期的にお手入れしてみてはいかがでしょうか?