f8e9ae8610011cf2e891b75238e389fe91e6e1f1

「あれどこいった!?」をなくす簡単クローゼット収納アイディア4選

皆さんはお家のクローゼットの「どこに」「何が」入っているかをきちんと把握できていますか?

日ごろからきれいに整頓している方、あるいは夏物と冬物が混ざってカオス状態…という方もいるかもしれません。

クローゼットが片付いていないと、いざ着たいときに「あれどこいった!?」と捜索活動が始まってしまいます。

また、せっかく買った服がクローゼットの遥か奥に忘れ去られて何年も着ないまま、なんていう残念なことも起こりますよね。

そこで今回は、ズボラさんでも簡単にできる“わかりやすい”クローゼットをつくるための収納アイディアを4つご紹介!

見た目もスッキリ片付くし、衣替えも楽になる達人ワザ♫是非実践してみて下さい。

「あれどこいった!?」をなくす簡単ワザ☆クローゼット収納アイディア4選

①細かいアイテムは仕切りボックスで整理する

f8e9ae8610011cf2e891b75238e389fe91e6e1f1
(出典:roomclip.jp

靴下・ストッキング・下着類は、引き出しの中で散乱してごちゃつきやすいアイテムNO.1ですよね。

そこで活用したいのが、3coinsなどで手に入る仕切りボックスです。

小さく丸めて入れておくだけで何が入っているか一目瞭然!

また、色・用途別にボックスごとに分けておくと、さらに使いたいものが見つけやすくなります。

②衣装ケースはラベリングする

ee20cbef4d8c3c9fc628c9bc6588847f7018acf9 (出典:roomclip.jp

枚数の多いTシャツやニットなどは衣装ケースに入れて収納している方も多いかと思います。

衣装ケースは衣類にとっての部屋

アイテムごとに居場所を決めてあげることが大事です。

そのために、ケースの引き出しにラベルを貼っておくのが簡単でおすすめです。

同じケースには同じアイテムしか入れないルールを徹底しましょう。

こうしておけば、衣替えはケースをまるごと交換するだけで済みますよ!

③吊るす服は大きめの衣類カバーにまとめる

e2fa59868b3708ec5b96d6a737a7ed152494ae89
(出典:roomclip.jp

ジャケットやコートなど、ハンガーに吊るしておきたい服は不織布の衣類カバーがお役立ち。

ホームセンターの収納グッズコーナーなどで、画像のような大きめのカバーが手に入ります。

これを利用して、丈・用途・季節などカテゴリー別に衣類をまとめて管理するのが達人ワザ!

ホコリも防げるので一石二鳥です。

④靴は同サイズの箱に写真つきで収納する

d36c02e550c7ec9528d123fa09116d98b25d47e9
(出典:roomclip.jp

衣類と同様に、「あれどこいった!?」と行方不明になりやすいアイテムといえばですよね。

靴は買ったときの箱のままだとサイズがバラバラで収納しづらいので、出来るだけ同じサイズの箱に移すと並べたときに整然としてスッキリします。

さらに、達人のように靴の写真を貼っておけば履きたい靴がすぐに見つかるのでおすすめ!