Screen Shot 2017-04-04 at 15.35.36

GWはアート三昧!瀬戸内に浮かぶアートの街「直島」の見どころは?

だんだん日差しも暖かくなって、いよいよお出かけシーズンの到来です。

この春は、アートの街として知られる直島にプチショートトリップしてみませんか?

直島の場所はどこにあるの?

Screen Shot 2017-04-04 at 15.39.26
出典:Instagram


直島は、瀬戸内海に浮かぶ人口およそ3000人ほどの小さな島です。

島全体にアート作品が点在しており、海外のアーティストやデザイン好きな人たちからも大注目されているスポットなんですよ!

高松港からはフェリーで約1時間、高速船で約30分ほどで到着します!


直島の見所は?

旅行へ行くと、だいたいみんなが必ず行く「モデルルート」のようなものが存在しますが、ここ直島にはそれは存在しません。

建築作品としての意匠を尊重して、島には看板や標識などがほとんどないんです。

なので、自分であらかじめ目的を絞って行くのが得策!ここでは、絶対押さえておくべきスポットをまとめました!


ベネッセミュージアム

Screen Shot 2017-04-04 at 16.04.51
出典:Instagram


ベネッセミュージアムは、安藤忠雄が設計。こちらは、美術館と宿泊施設が併設しています。

打ちっ放しのコンクリートや、景観に溶け込むように計算されて設計されたデザインはとても見ごたえがあります!

建物自体がまるでアートのように素晴らしい!!

草間彌生の作品「黄色いかぼちゃ」

Screen Shot 2017-04-04 at 15.35.36
出典:Instagram


直島といえばこれ!というほど、直島のシンボル的存在となった草間彌生の黄色いかぼちゃ。

写真で見たこともある人も多いのではないでしょうか?

ベネッセミュージアムから少し歩いて行くと見つかります。


地中美術館

Screen Shot 2017-04-04 at 16.08.05
出典:出典名


こちらも安藤忠雄の設計です。

地中美術館は、直島の自然豊かな景観を損なわないようにと、建物の大半が地下に埋没しているんだそう。

地下と聞くと、なんだか閉塞感があって、暗いイメージを持つかもしれませんが、光が差し込むとっても明るい空間になっています。


家プロジェクト

Screen Shot 2017-04-04 at 16.17.26
出典:出典名


家プロジェクトは、直島本村地区で展開しているアートプロジェクトです。

1998年に始まった「角屋」を始め、全7軒が一般公開されています。

実際に生活が営まれていた家を改装し、その空間そのものがアートになっているんだそう。

自分好みの家を見つけながら巡るのも楽しそうですね!

少し足を延ばすだけで、こんな別世界が日本にあるなんて信じられませんね!

忙しい日々の息抜きに、ぜひ一度アートな直島に足を運んでみてはいかがですか?