充電式湯たんぽ (2)

「充電式湯たんぽ」が売れまくり!☆結局どうなの?徹底調査☆

容器に熱湯を注ぐと、長時間温かさを保ってくれる湯たんぽ。子供の頃、お母さんが布団に入れてくれたという人も多いのではないでしょうか。

しかし、いちいちお湯を沸かさなければならなかったり、中身の交換が必要だったりして、意外と扱いが面倒なのですよね。

そこで人気なのが、充電するだけで使える湯たんぽ! その魅力や特徴を詳しく紹介します。

充電式湯たんぽの特徴

充電式湯たんぽ (1)
出典:instagram


充電式湯たんぽの中には、水や「弱塩化ナトリウム水溶液」と呼ばれる蓄熱液が入っており、これをヒーターで加熱することによって本体を温めています。

充電時間は10~20分程度で終了するものが多く、温かさの持続時間は6~8時間ほど。朝一番に充電しておけば、日中はずっとぬくぬく過ごせますよ! もちろん、寝る時にもおすすめです。

気になる電気代は1回の充電で2円ぐらいが相場なので、毎日2回ずつ充電して使ったとしても、月々の電気料金は120円ほどで済みます。

充電式湯たんぽを使う際の注意点

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s


充電式湯たんぽは「充電しながら使うことは避けてください」と注意書きのある商品がほとんどです。低温ヤケドや火災を防ぐためにも、必ず充電が終わってからコンセントを抜いて使うようにしましょう。

また、使用中はきちんとカバーをかけ、熱いと感じたら体から少し離すといった工夫も必要です。特に、寝る時の使用には気を付けてくださいね!

充電式湯たんぽのユニークな商品をご紹介

充電式湯たんぽ (2)


↑「蓄熱式湯たんぽ ヒツジ EWT-1544HJ/アマゾン価格:2,472円(税込み)」

ぷにゅぷにゅの感触と、愛らしいヒツジの顔に癒される女子続出の人気商品。20分の充電で、最長8時間温かさが持続します。

※他にはウサギとマングースがあります。


充電式湯たんぽ (1)


↑「蓄熱式フットウォーマー nuku2/楽天価格:5,500円(税込み)」

こちらは足元専用の充電式湯たんぽ。20分の充電で最長6時間温かさが持続します。膝に乗せたり、布団に入れたりしても使えますよ!

※ヒツジ、ウサギ、マングースの種類があります。


充電式湯たんぽ (2)


↑「2way湯たんぽ HT-G162V/楽天価格:1,980円(税込み)」

膝に乗せる、腰に巻く、布団の中に入れるなど、いろいろな使い方ができる便利な充電式湯たんぽ。充電時間も10分と早いです。



充電式湯たんぽ愛用者の声












今年の冬は便利な充電式湯たんぽで乗り切ろう☆

低温ヤケドや火災には注意が必要ですが、正しく使えばこれほど便利な暖房器具はないかもしれません。

エアコンのように空気を乾燥させる心配がなく、電気代も安いので、冷え症や生理痛対策としても使ってみてくださいね。