large

泣いていいんだよ♡涙の効果が意外とすごい理由3つ

日本では「人前で泣くのはみっともない」という風潮があるので、本当は泣きたくてもぐっとこらえてしまう人が多いと思います。

しかし、それはみすみすストレス発散の機会を逃しているようなもの。その理由について、詳しく説明します。

1.泣くことで副交感神経が優位になる

涙
出典:weheartit


悔しい時、悲しい時、感動した時……このような、感情を大きく揺さぶられる時に流す涙を「情動の涙」といいます。

情動の涙を流すと、自律神経のスイッチが交感神経から副交感神経へ強制的に切り替わるので、リラックス効果抜群!

思いっきり泣いた後でなんとなく気分がスッキリするのには、ちゃんとこういう理由があったのですね。

2.涙には副腎皮質ホルモンが含まれている

涙
出典:weheartit


人間が流す涙の中には、ストレスが発生した際に分泌されるといわれる「副腎皮質ホルモン」が含まれています。

そのため、泣けば泣くほど体内からストレスが排出され、気持ちが安定することに。むしゃくしゃして「もう泣きたい!」と思った時は、トイレにでも駆け込んでわんわん泣いてしまったほうが早く復活できますよ。

3.泣くのを我慢してきた人ほど効果的

涙
出典:weheartit


子供の頃から泣くのを我慢する癖がついていた人は、普通であればぽろりと涙を流す場面でも、無意識に感情を押し殺してやり過ごそうとします。

しかし、当然のことながらそうした行動にはかなりのストレスがかかっていて、心の中では本当の自分が「もっと泣きたい! 楽になりたい!」と必死に訴えているのです。

ですから、普段泣くのを我慢している人ほど、自分の体験と重なるような悲しい映画を見たり、音楽を聴いたりすると、不意に涙が流れることがあります。

そして、そういう時の涙には今までじっとこらえていたつらい感情がたっぷり含まれているので、泣いた後は自分を「よしよし」と慰めてあげたのと同じ効果が得られるというわけです。

しっかり泣くことで明日もまた頑張れる!

涙がストレス発散につながる理由について、いかがでしたか?

思いっきり泣くと気持ちがスッキリするので、いろいろな負の感情から解き放たれます。クリアになった頭とココロで、明日からもまた頑張っていきましょう!